メルセデスF1、オーストリアGPにアップグレード版エンジンを投入
メルセデスF1は、今週末のシーズン開幕戦オーストリアGPにアップグレード版エンジンを持ち込んだ。

新型コロナウイルスの世界的な流行によって3月のオーストラリアGPが土壇場で中止になって以降、序盤10戦がキャンセルとなっていた2020年のF1世界選手権だが、今週末オーストリアでいよいよシーズンが再開する

ブリックスワースのメルセデスF1のエンジン部門は、バルセロナでのプレシーズンテストから当初の開幕戦の間にすでにF1エンジンにいくつかの変更を加えており、その後、シャットダウン期間によって利用できる時間は制限されたが、さらに多くの変更が施された。

これまでパワーユニット部門にシャットダウン期間が設けられることはなかったが、FIA世界モータースポーツ評議会の承認を経て、3月から5月の間に7週間ファクトリーは閉鎖された。

バルセロナテストでメルセデスのF1パワーユニットは信頼性トラブルに見舞われた。メルセデスは、第1週にバルテリ・ボッタスに電気系のトラブルが発生、2週目にはルイス・ハミルトンのオイル圧のトラブルが発生して3基目のユニットと投入。MGU-Hの冷却とベアリングにも問題があり、ウィリアムズも6日間でセンサーの問題を含め、4つのパワーユニットに関連したコース上でのストップがあり、同じく3基のパワーユニットを投入している。

メルセデスF1のエンジン責任者を務めるアンディコーウェルは、テスト前に「いくつかの小さな問題」と戦っていたことを認めていたが、オーストラリアでシーズンが始まるまでに問題を解決できると確信していると述べていた。

それ以来、メルセデスF1は新しい仕様を開発しており、今週末に展開されるときに信頼性のグリッチを根絶できると期待している。アップグレードによるパフォーマンスの向上はないとしている。

メルボルンですべてのF1マシンに搭載されたパワーユニットは、マシンがピットレーンを離れることがなかったため、公式には使用されたことにはならず、オーストリアでシーズンの割り当てが新たに始まる。
メルセデスとカスタマーチームのレーシング・ポイントとウィリアムズは、信頼性の修正を行った新しいスペックのパワーユニットをオーストリアで走らせる。

メルセデスの広報担当者は「メルボルとは仕様が異なります。それ以来、信頼性のアップデートを行っているからです」とコメント。

「それらはメルボルン以来、作業を行うことができた時代の成果であり、操業停止を差し引いたものです。今シーズンの忙しいオープニングフェーズに先立ち、それらがしっかりと支えてくれることを願っています」

メルセデスF1は、F1の反人種差別と多様性の推進を促進するために、F1マシンに「End Racism」というメッセージし、伝統的なシルバーのカラーリングをブラックに置き換えた。

ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスは、マシンカラーリングに合わせて新しいブラックのレーシングスーツを着用する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1オーストリアGP