メルセデスF1代表 「ハミルトンとフェラーリが面談することは問題ない」
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンとフェラーリが面談しても“まったく問題はない”と語り、ドライバーがキャリアの選択肢を模索することは普通のことだと述べた。

Gazzetta dello Sportは、ルイス・ハミルトンが今シーズン中にフェラーリのジョン・エルカン社長と2回会ったことを報告した。

「フェラーリのジョン・エルカン社長とハミルトン自身の間で2019年に2回の会議がありました」と同紙は報道。

「エルカンはハミルトンの大ファンだ。今週末、アブダビにいるフェラーリ副社長のピエロ・フェラーリもそうだ」

「これは何年も続く求愛だ。ルカ・ディ・モンテゼーモロとステファノ・ドメニカリの時代でさえ、イギリス人のチャンピオンへの関心は常にあり、今日でも非常に強いです」

メルセデスは、ライバルであるフェラーリにスタートドライバーであるルイス・ハミルトンを奪われる可能性があるが、トト・ヴォルフは面会することは問題ないと述べた。

「まったく問題ない」とトト・ヴォルフはコメント。

「自由な世界だと思っているし、誰もがキャリアの選択肢を模索し、自分自身で最善の決断を下す必要があることを認識している。それにはドライバーと他の全員が含まれる。

「だから、まったく問題はない。レーシングドライバーは常に最速のクルマに乗り込もうとする。そして、可能な限り最速のマシンは常に最高のレーシングドライバーを乗せようとする」

「我々の間には達成しようとしていることに関して良いコンセンサスがとれている」

今シーズン、ルイス・ハミルトンは6回目のドライバーズチャンピオンシップタイトルを獲得した。

トト・ヴォルフは、2020年以降もルイス・ハミルトンが残留することに静かに自信を持っているが、まだ何も起こってはいないと認めている。

「状況については完全にリラックスしている。我々はドライバーに可能な限り速いクルマを提供するために非常に強くプッシュする必要がある。そして、それができれば、マシンに乗せる最高のドライバーラインナップを手に入れることができると確信している」

「そして、そのすべてがハミルトンと我々との関係を継続することを指し示していますが、人生は決してわからないものだ。したがって、先ほども言ったように、私はこれについて非常にオープンだ」

「私は誰もが目標を持っており、彼らのキャリアのために可能な限り最高の機会を持つ必要があるという事実を受け入れ始めている」

「その点で、私はすべての人がオプションを探求することに対して完全にオープンだ。だが、もちろんチームにとっての私の個人的な優先事項は、ハミルトンとの成功した旅を続けることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / フェラーリ / ルイス・ハミルトン