F1 メルセデスAMG F1
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1ドイツGPでシャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテルに相次いでメカニカルトラブルが発生したフェラーリの自滅を“病気”と表現し、F1にとって良くないことだと辛辣な意見を語った。

メルセデスとポールポジション争いを展開すると見られていたフェラーリだが、セバスチャン・ベッテルは予選Q1でターボ系のトラブルが発生、シャルル・ルクレールはQ3で燃料システムのトラブルで共にタイムを出せず、最後尾と10番グリッドからレースをスタートする。

過去1年間でフェラーリは、ドライバーのミス、戦略の失敗など、メルセデスとのタイトル争いに食らいつくことができず、最近ではレッドブル・ホンダにも迫られている。

今回、フェラーリの自滅によってルイス・ハミルトンのポールポジション獲得の扉が開かれたメルセデスだが、トト・ヴォルフは見ていて楽しいものではないと語る。

「フェラーリ、そして、ホームグランプリのセバスチャンにとって残念なことだ」とトト・ヴォルフは Sky Sports にコメント。

「観客のためにも彼は本当に必要だが、現時点ではそれが少し落ち着いしまっているのを見ることができると思う」

「フェラーリは本当に治癒が必要な病気がある。我々は強いチャンピオンシップのために彼らを必要としている。残念だ」

「だが、我々としてはセッションがスタートが本当に酷かったので満足している。ペースが不足の理由を理解できていなかったが、そこからゆっくりと我々の方に流れが向いてきた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / フェラーリ / F1ドイツGP