F1 メルセデスAMG F1
メルセデスAMG F1チームは、今週末のF1ドイツGPでモータースポーツ125周年を記念した特別なカラーリングを施したマシンを走らせる。

1894年7月22日、世界初のモータースポーツイベントであるパリ-ルーアン・トライアルが開催された。また、今週末のドイツGPはメルセデスにとって200戦目のグランプリスタートとなる。

「ホッケンハイムは、シュトゥットガルトにある当社のグローバル本部に近いため、パドックやグランドスタンドでたくさんのメルセデス・ファミリーに会えることを楽しみにしている」とメルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフはコメント。

「今年のレースは非常に特別なイベントだ。我々はメルセデス・ベンツ グロースプレイス・フォン・ドイチュランド(Mercedes-Benz Großer Preis von Deutschland)のタイトルスポンサーであり、メルセデスにとって200回目のスタートを迎えるレースとなる」

「またホッケンハイムで125周年を迎えるモータースポーツの素晴らしい記念日を迎える」

「1894年には、世界初のカーレースがパリからルーアンまで開催され、優勝したマシンにはゴットリープ・ダイムラーの設計によるエンジンが搭載されていた」

「それは今日に至るまで続く素晴らしいモータースポーツの伝統の始まりであり、我々はこの遺産の次の章を書くことを非常に誇りに思っている。

「我々は遺産に敬意を表すために記念のカラーリングを走らせる」

トト・ヴォルフは、コース外のそれらの行事は、メルセデスにとってシルバーストーンの勢いを維持する妨げにはならないと語る。

「オフトラックで多くのことが起こるが、我々の主な焦点はコース上でのパフォーマンスのままだ」とトト・ヴォルフはコメント。

「天気予報は、オーストリアで我々をかなり苦しめた高温が予測されているため、警戒を続けなければならない」

「シュピールベルクと同様に、ホッケンハイムも比較的短いサーキットであり、チーム間のギャップは縮まる。我々は謙虚な姿勢を保ち、ベストな結果を得るために一生懸命働いていく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス | F1ドイツGP