F1 メルセデスAMG F1
メルセデスF1チームは、ヨーロッパラウンドの緒戦となる第5戦スペインGPからフェラーリ型の空力コンセプトを導入する可能性があると報じられている。

メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、冬季テスト後、今週末の開幕戦オーストラリアGPではフェラーリの方が速いクルマを持っていると述べており、フェラーリが採用している空力コンセプトに追従する可能性があることを認めている。

「テストの終了までに我々は自分たちのクルマの理解を深めることができた。スピードという点で我々はフェラーリと比較していもそれなりにあるように見える」とトト・ヴォルフは Stuttgarter Nachrichten にコメント。

「だが、クルマの燃料搭載量に関する我々の計算に基づけば、フェラーリが前にいると見ている」

フェラーリの優位性のひとつは、2019年の空力レギュレーション変更を受けて、フェラーリとサテライトチームのアルファロメオ・レーシングが採用したフロントウイングのデザインによるものだと考えられている。

トト・ヴォルフは「別のコンセプトの方が優れていることが判明すれば、バルセロナでの第5戦、もしくはさらに早くに誰もが空力デザインを変更することになるだろう」

また、トト・ヴォルフは、メルセデスがタイトルを5連覇中であってもなお、モチベーションを高めているルイス・ハミルトンを称賛した。

「多くの成功を収めた後にいモチベーションを維持できないアスリートもいる。彼らは十分にお金を稼ぎ、広く認識されているからだ」とトト・ヴォルフは語る。

「だが、ルイスは違う。彼は何度も何度も自分自身を見つめ直し、再活性化させている。それは彼が持っている驚くべき能力だ」

「彼は史上最高のドライバーになる可能性がある。彼はそれをわかっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス | F1マシン