F1 メルセデス エステバン・オコン
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ジュニアドライバーのエステバン・オコンは2019年に一旦はF1レースから外れる可能性はあるかもしれないが、2020年にはF1で“良いマシン”に乗れると自信をみせている。

フォースインディアは2019年のドライバーとしてセルジオ・ペレスと契約を延長したことを発表。もう1つのシートにはランス・ストロールが移籍することは既定路線と考えられており、エステバン・オコンはシートを喪失することになる。

フォースインディアを除けば、2019年の空席はウィリアムズとトロロッソ・ホンダのシートがひとつずつ残っているだけとなっているが、レッドブルはメルセデスと繋がりのあるドライバーの起用を除外しており、エステバン・オコンにとってウィリアムズが2019年の最も可能性が高く、唯一の選択肢となる。

しかし、今年のウィリアムズはコンストラクターズ選手権最下位と低迷しており、仮に来季のシートを確保できたとしてもフィールドの後方でシーズンを過ごす可能性が高い。

だが、トト・ヴォルフは、エステバン・オコンは2020年には“良いマシン”に乗ることになるので、例えそのような状況になったとしても、それは1年だけになると語る。

「愚か者が楽観主義だっただけだと言われるかもしれないが、7月の段階ではエステバンはルノーに乗ると本当に楽観的に考えていた」とトト・ヴォルフはコメント。

「だから、私にはわからない。それは我々が判断することではない。ウィリアムズは彼らがチームにとってベストだと考えるドライバーを決断する必要がある」

「エステバンだけでなく、ロバート(クビサ)など他の候補者もいると思う。彼ら全員がそのチャンスに相応しいと思っているし、ウィリアムズが彼らの選択をすることになる」

「我々はエステバンと一緒に“プランB”を準備している。ひとつ保証できることは、彼は2020年に良いマシンに乗るということだ。エステバンに興味を持っているチームはたくさんいるからね」

「我々はできることを手助けしようとしているが、『彼をクルマに乗せる手助けをしようとしているのはこれだ』と言えることはない」

トト・ヴォルフのこの発言が、エステバン・オコンがメルセデスのF1シートにステップアップするというヒントであるかどうかはわからない。

メルセデスはルイス・ハミルトンと2020年末まで契約を結んでいるが、バルテリ・ボッタスに関しては2020年のオプション付きの201年のレースシート契約となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / エステバン・オコン