メルセデスGP
メルセデスGPは、元フェラーリのテクニカルディレクターと元HRTのジェフ・ウィリスがチームに加入したことを発表した。

期待外れなシーズンスタートを受け、今年5月にフェラーリを離脱したアルド・コスタは、噂されていたとおりメルセデスGPでロス・ブラウンと再び働くことになった。

アルド・コスタは、12月1日付でエンジニアリング・ディレクターとして加入。最近HRTを離脱したジェフ・ウィリスは、10月17日付でテクノロジー・ディレクターとして加入する。

「アルド・コスタとジェフ・ウィリスがチームに加入することを発表できて嬉しく思っている」とロス・ブラウンはコメント。

「ジェフは、F1の経験が20年以上ある非常に総計できるエンジニアだ。来月、彼が到着するのを楽しみにしている」

「アルドとは長年密接に働いてきており、12月に加入したときに彼がチームにチャンピオンシップを獲得した専門知識と献身をもたらしてくれることはわかっている」

「メルセデス・ベンツのワークスチームとして、我々が望んでいる競争力と標準を目指して勝てるチームを作ることは、我々全員にとって刺激的なチャレンジだ。ボブ・ベルが率いる強力な技術構造とともに、我々の野心を成し遂げるために最高のポジションに向かっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス