マクラーレン、2020年F1マシン『MCL35』を発表
マクラーレンは、2020年F1マシン『MCL35』を発表した。

マクラーレンは2月13日(木)、英国ウォーキングのマクラーレン・テクノロジー・センターで『MCL35』の発表会を開催。冒頭から2020年のF1世界選手権を戦う新車がお披露目された。その後、2020年のF1ドライバーを務めるカルロス・サインツとランド・ノリスが2020年シーズンに向けての抱負を語った。

昨年、エンジン供給元のルノーを上回り、“ベスト・オブ・ザ・レスト”となるコンストラクターズ選手権4位を獲得するという大躍進を遂げたマクラーレン。F1ブラジルGPではカルロス・サインツがマクラーレンにとって5年ぶりとなるF1初表彰台を獲得している。

2020年F1マシン『MCL35』は昨年チームに加入したかつてトロロッソで手腕を振るったジェームス・キーが最初から手掛ける初マシンとなる。カラーリングは伝統のパパイヤオレンジとブルーを継続。ヘイローまでオレンジに塗られている点が印象的だ。

マクラーレン MCL35は、昨年から大きな変更が施されている。特にノーズは非常に細く、フロントウイングは“アウトウォッシュ”型が強調された形状となっている。

F1 F1 F1 F1 F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1マシン