「レッドブルとの契約はダニエル・リカルドのF1復帰を早める」とマクラーレン
マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、レッドブル・レーシングでサードドライバーの役割を担うという決定は、ダニエル・リカルドがF1グリッドに迅速に復帰する良いチャンスを与えると考えている。

ダニエル・リカルドは、2年間の期待外れの期間を経て、マクラーレンとの既存の契約を早期に終了することに同意した後、2023年にむけたF1シートがない状況に陥った。

だが、ダニエル・リカルドは、ハースF1チームのようなバックマーカーチームと契約するのではなく、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスをサポートするサードドライバーとして、以前の所属チームであるレッドブルに戻ることを選択した。

パドックの何人かは、これが良いアイデアなのか、そして、リカルドがそこから立ち直ってF1ドライバーとしてのキャリアを再開できるのかに疑問を呈している。

しかし、ザク・ブラウンは、それは良い決断だと語る。

ザク・ブラウンは、元フォーミュラEチャンピオンのニック・デ・フリースが、F1イタリアGPで体調不良のアレックス・アルボンの代役として急遽ウィリアムズから出場した後、突然需要が高まった例を使用してその理由を説明した.

「1回の良いセッションでニックに何が起こったかを見てほしい」とザク・ブラウンは指摘した。

「突然、彼はホットな財産になった」

ザク・ブラウンは、マックス・フェルスタッペンまたはセルジオ・ペレスが週末を欠場した場合、ダニエル・リカルドにも同じことが起こる可能性があると述べた。

「彼らの誰かが何らかの理由でレースに参加できず、飛び乗って、突然、その車を現在の場所に持って行った場合、それは急に変化する可能性がある」

「ドライバーが新型コロナウイルスに感染した場合、レースで優勝した車に乗っていることになり、レースに勝つために出場し、グリッドに戻ってくることになる」

ザク・ブラウンは、今シーズンの終わりにマクラーレンを去ることが確認された夏に、他チームがダニエル・リカルドを獲得することを期待していたと語った。

「ドライバーを探していた他チームのいくつかが彼を選ばなかったことに驚いている」とザク・ブラウンはコメント。

「彼らは彼を選んだかもしれないが、彼が運転することに興味のない特定のチームがあった」

ダニエル・リカルドは、最終的にニコ・ヒュルケンベルグに決まったケビン・マグヌッセンの隣のシートのために、ハースF1チームにリンクされていた。

ザク・ブラウンは、新しいサードドライバーの仕事がダニエル・リカルドにとってより良い選択肢だったかどうか確信が持てなかったと語る。

「どちらが最高の機会を生み出すかを言うのは難しいと思う」とザク・ブラウンは語った。

「それを判断するのは難しい。ある意味では、ハースに行ってマグヌッセンを倒すことは、レーダーに戻るための1つの方法だ」とザク・ブラウンは認めた。

「しかし、彼は明らかにゲームに残りたいと思っている」

ザク・ブラウンは、ダニエル・リカルドがまだレースで勝利を収める才能を持っていることに疑いの余地はないと述べ、マクラーレンがドライバーの潜在能力を引き出すことができなかったと擁護した。

「彼は昨年モンツァで優勝した。8勝は多くのレースだ。だから、そのレベルにいるが、我々はそのロックを解除できなかった」

「別の環境で何かが解錠されることを願っている。ダニエルがグリッドにいるのを見たいと思っているからね」

マクラーレンは、2023年にランド・ノリスのチームメイトを務めるダニエル・リカルドの後任として、アルピーヌF1チームの元テストドライバーでF2チャンピオンのオスカー・ピアストリと契約した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / レッドブル / ダニエル・リカルド