【動画】 マクラーレン、慌てたクルーがタイヤを逆向きに装着 / F1イギリスGP フリー走行2回目
マクラーレンF1のランド・ノリスは、F1イギリスGPのプラクティスでのタイヤ交換時にピットクルーの2つのミスに苦しんだ。

フリー走行2回目の40分が経過した頃、ランド・ノリスはタイヤ交換のためにピットに入った。しかし、車の後部で2つの問題が発生した。最初のミスは誰のせいでもなかった。車の後部を持ち上げるジャッキが壊れ、タイヤが外れた状態のままシャシーは地面に叩きつけられた。

スカイスポーツF1のコメンテーターであるデイヴィッド・クロフトは、車のフロアが激しく地面にぶつかった映像を見て「何かが壊れたのではないか」と語った。カルン・チャンドックの考えはランド・ノリスにあり、「あのようにフロアが落とされるのはドライバーにとっても快適ではない」と付け加えた。

デイモン・ヒルは、ジャッキが車の後部に適切に挿入されなかった可能性があると推測した。

ピットクルーは、マクラーレンの後部を再び空中に戻すための小さなトロリーを見つけるためにスクランブルをかけ、彼らはなんとかそうすることができた。

しかし、新しいタイヤを装着しようとしたときに2番目の問題が発生した。ジャッキが壊れたことで慌てていたのかもしれないが、左リアタイヤを担当するメカニックは、逆にホイールを装着しようとした。

それでも、ランド・ノリスにとっては有望なセッションとなり、カルロス・サインツJr.(フェラーリ)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)に次ぐ3番手で初日のセッションを終えた。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1動画 / F1イギリスGP / ランド・ノリス