マクラーレンF1、“時代遅れ”のシミュレーターと風洞が足枷に
マクラーレンF1の勝利への道は、“時代遅れ”のインフラストラクチャにある程度妨げられている。

現在、マクラーレンF1は新しいシミュレータと風洞をワーキングのファクトリーに建設中だが、それらは2023年まで準備が整うとは予想されていない。

また、2023年に導入されたとしても、すぐに利益がもたらされるわけではないため、マクラーレンが投資の効果を体験するのは2024年シーズンとなる。

それまでは、マクラーレンF1は競合他社ほど洗練されていない機器を使用する必要がある。

マクラーレンF1のエグゼクティブテクニカルディレクターを務めるジェームズ・キーは「我々全員がもどかしく感じている」とコメント。

「我々の施設には本当にポジティブな投資があり、アンドレアス(ザイドル)とザク(ブラウン)による素晴らしい仕事、そして、これらのプロジェクトを開始するための株主による素晴らしいサポートがあったと思う」

「昨年に不確実性があったときでも、コスト上限が設定される前の年に絞り出すことができることを約束した」

「したがって、これらすべてのプロジェクトには非常に多くの積極性がある」

マクラーレンF1はシミュレーターを使用した最初のチームであり、それ以来、F1では標準的な慣行となっている。

ただし、テクノロジーが現在のシステムで実行できる範囲を超えて進化したため、現在はアップグレードが必要だ。

「施設が少し遅れている、または時代遅れであることがわかっている場合、ある程度の補償を試み、誰もがそれをうまくやっていると思う」とジェームズ・キーは語る。

「我々が使用しているシミュレーターは、F1で最初のものだったと思う。それ以来、変更およびアップデートされているが、例として、実質的に第0世代であることよって非常に制約されている」

「したがって、新しいテクノロジーを使用してゼロから新しいデータを構築できることで、生成したい種類のデータ、つまり、そこから得たいゲインの理解について、この素晴らしものを最新のものにすることができるようになるだろう」

「これらの施設は最終的に知識を生み出すことが重要であり、それは風洞も同じだ」

「現在の施設では、現時点では取得できないデータがある」

「トヨタは素晴らしい施設であり、我々に信じられないほどよく役立っているが、はるかに最近になって建設された施設は、当時利用可能な技術の恩恵を受けて建設されたことが分かっている」

「我々はできる限りの補償を行っているが、そうでなければ得られているであろう、より洗練されたデータや知識、情報が確実に不足している」

「したがって、その情報を入手して次のステップに進むことをとてもじれったく感じている」

ドイツのケルンにあるトヨタの風洞の建設は2005年に開始され、トヨタ自身のF1参戦以外でも、多くのF1オペレーションで使用されてきた。

フェラーリは2011年に風洞をアップグレードしたが、2004年にオープンしたザウバーの施設はクラスをリードしていると見なされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン