マクラーレンF1代表 「スリックでステイアウトさせたのはチームの責任」 F1ロシアGP 決勝
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、F1ロシアGPのレース終盤にランド・ノリスがスリックタイヤでステイアウトするという決断と最終的にはチームの判断だと語った。

14周目にフェラーリのカルロス・サインツからリードを奪ったランド・ノリスは、日曜日のレースの大部分をリード。53周のレースの46周目に雨が悪化し始めたときは、メルセデスのルイス・ハミルトンを抑えていた。

ルイス・ハミルトンは、インターミディエイトに交換したが、ランド・ノリスはチームからピットインの呼びかけたがあったが、スリックタイヤでステイアウトすることを選択した。

ランド・ノリスは51周目のターン5でコースオフし、ルイス・ハミルトンにリードを奪われた後、最終的にインターミディエイトに交換するためにピットインして7位に落ちた。

ランド・ノリスは、スリックタイヤに交換するときにピットレーンの入り口を横切ったことでスチュワードのオフィスに召喚されたが、ペナルティは免れた。

アンドレアス・サイドルは、結果はランド・ノリスはF1でまだ積まなければならない“学習の一部”だったとしつつ、マクラーレンは、ピットインをもっと積極的に要求することができたかもしれないと認めた。

「彼はこれがゲームの一部であり、学習の一部でもあることを知っている」とアンドレアス・ザイドルは Sky F1 に語った。

「しかし、彼の側だけでなく、チームの側も同様だ。我々が得た情報から、ピットウォール側から彼の意見を却下する可能性は常にあると思う」

「しかし、結局、我々は一緒にこの判断をした」

「ルイス側は我々の議論を聞いたと思うが、ほぼ同じ進行中だった。ルイス側はこの時点で2番手にいたので、我々がやることを待って反対のことをする機会があった。我々にはその機会はなかった」

「我々は勝利を目指したかったのし、一緒にステイアウトすることを決定した。それがうまくいかなかった理由だ」

判断に後悔はあるかと質問されたアンドレアス・ザイドルは「我々は7位でフィニッシュした。現時点では公開している!」と答えた。

「それは我々が、チーム、ドライバー、そしてピットウォールと一緒に下した決断だ。その結果、他のいくつかのチームと比較して、今日はそれをまとめることができなかった」

「我々はそれを分析し、それから学び、次回はよりうまくやりたいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1ロシアGP / ランド・ノリス