マクラーレン、セルジオ・ペレスのインディカーでの起用に興味 / F1ニュース
マクラーレンF1のCEOを務めるザク・ブラウンは、セルジオ・ペレスにインディカーのシートを提供することにオープンな姿勢を見せている。

セルジオ・ペレスは、2021年のセバスチャン・ベッテルの加入によって今シーズン限りでレーシング・ポイントを離脱することが決定。来季はアルファロメオとハースのF1シートに関連付けられている。

しかし、マクラーレンのザク・ブラウンは、それ以外にも選択があると考えている。

「セルジオが彼の居場所を失ったのは残念だ。あのチームの2人のドライバーでは、彼の方がより良いパフォーマンスを見せているからね」とザク・ブラウンは語った。

「だが、我々が知っているように、セルジオの父親はチームを所有していない。彼らはベッテルを招待することを決めたとき、彼が代わりになることは明らかだった」

「彼はハースまたはアルファロメオに落ちつくと思う」とザク・ブラウンは付け加えた。

「だが、セルジオが突然インディカーに興味を持つようになった場合、彼は素晴らしいドライバーであり、彼とそれについて話し合うことに興味がある」

しかし、彼はそれが単にセルジオ・ペレスのための契約書を作成するだけの取り引きではないこともザク・ブラウンは認める。

「我々は3台目のマシンのための資金を見つける必要があるだろう。なので、我々は今日契約にサインすることはできません」とザク・ブラウンは語る。

「だが、セルジオがずっと持っていた財政的支援、我々の商業活動、および彼の到着に関連するであろう関心を考えれば解決策は見つけることができると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / インディカー / セルジオ・ペレス