F1 マクラーレン
マクラーレンは、2021年のF1レギュレーションが財政的に存続できる環境と競争の場を保証しなのであれば、F1撤退も辞さないと警告する。

リバティ・メディアは、今週26日(火)にF1コミッションとストラテジーグループとのミーティングで2021年からF1に適用する技術および財政面の新たなレギュレーションについて発表を行う。

すでにいくつかのF1チームの代表は、2021年の技術面と商業面の包括的なパッケージについてリバティ・メディアに何を望んでいるかについての見解を表明している。

ハースF1チームのギュンター・シュタイナーは、将来について明確になることを期待しており、メルセデスのトト・ヴォルフは合理的なレベルのコスト削減策が導入されると確信していると語っている。

マクラーレンのザク・ブラウンは、F1に長期的に関与するための条件として2つの条件が適用されることを望んでいると語る。

「マクラーレンにとって2つのチェックボックスがチェックされなければならない。財政的に存続できること、しして、公正かつ競争的に戦うことができることだ」とザク・ブラウンは Guardian にコメント。

「そうならなければ、我々はF1での立場を真剣に考えなければならないだろう。それは我々が望んでいる立場ではない」

「人々は交渉の戦略としてそれを持ち出している。だが、財政的に責任があり、競争的なレーシングチームでなければならない。新しいレギュレーションがそのような状況に我々を置くことができないと感じれば、我々はF1への参戦を見直さなければならないだろう」

マクラーレンは、フェラーリ、メルセデス、レッドブルとともに“コンストラクターズ選手権ボーナス”の支払いを受けている。

しかし、その特権があるにも関わらず、ザク・ブラウンは、F1の収益分配スキームは、チームの遺産よりもパフォーマンスのメリットを強化するものでなければならないと考えている。

「収益分配はもっとバランスが取れたものであるべきだし、パフォーマンスを重視したものであるべきだ」とザク・ブラウンはコメント。

「歴史は今日よりも程度は低いにしても認められるべきだ。我々全員がフェラーリは最大の名前であり、それに対する報酬を受け取るべきであると合意している。だが、今のレベルでではない。そのお金をレースに費やすことができるはずだ。そこが平準化されれば、全員の競争力は加速するはずだ」

「F1は支配的な時期を迎えてきたが、素晴らしいF1はこれ以上支配的であってはならない。5~6チームではなく、1つのチームが続けて2つのチャンピオンシップを獲得するという意味でね」

2021年のF1レギュレーションは6月が最終期限となっとおり、すべての関係者が議論する時間はほとんど残されていない。しかし、最終的にザク・ブラウンはチーム間で合意がなされると確信していると語る。

「全員が参加すると楽観的に捉えている。今後、火花が散ることはあるだろう。それが交渉というものだ。だが、F1は適切なことを行い、全10チームがサインすると楽観的に考えているし、2021年以降のF1より優れた競争的なものになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン