F1 マクラーレン
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、2019年に“2人の若手ドライバーを起用するリスク”を冒すにはもっと優れたマシンが必要であり、来季のドライバーラインナップの優先事項は経験であると述べた。

フェルナンド・アロンソは2018年以降もF1を継続したいかどうかを発表していない。またストフェル・バンドーンは下位カテゴリーで示したポテンシャルを発揮できておらず、マクラーレンはバンドーンを続投させるかどうかを検討している。

マクラーレンには、F2でタイトル争いを繰り広げている育成ドライバーのランド・ノリスが控えている。だが、それ以外にもキミ・ライコネン、カルロス・サインツを含めた複数のドライバーがマクラーレンの2019年のドライバー候補としてシリーシーズンを盛り上げている。

マクラーレンは大物ドライバーの起用に優先順位をつけているか、もしくはそれがより現実的だと感じているかと質問されたザウ・ブラウンは“そのすべて”に目をむけていると語った。

「多くのピースが動いているので、特定の方向性を定めるのは難しい」とザク・ブラウンはコメント。

「このような状況ではすべてのドア、すべての道をオープンにしたままにして、ドミノが倒れるのを待たなければならない。コントロールできる場合もあれば、そうではないときもある」

「我々はストフェルとの状況はわかっている。獲得できる他の機会があるかどうかを見ているし、フェルナンドが最終的に何を望むのかを見ている」

「特に我々が陥っている状況では、経験と若さというパッケージも重要だ。我々は再建中であり、クルマに2人の若手ドライバーを乗せるには素晴らしい場所ではないだろう」

「もっと良いレースカーがあれば、2人の若手ドライバーを起用するというリスクを冒せるかもしれない。彼らに良いレースカーを与えられるからね」

フェルナンド・アロンソの将来は彼の手にあるが、ストフェル・バンドーンはシートを維持するために格闘している。

ザク・ブラウンは、今でもマクラーレンはストフェル・バンドーンを支持していると語り、フェルナンド・アロンソのマシンと比較して明らかにダウンフォースに異常が見られた後、ハンガリーGP前にシャシー交換を行ったのはバンドーンに“多大なサポート”を与えていることの現れだと述べた。

「我々は2つのオープンなシートがあるというのが現実であり、ピットレーンの様々なドライバーを話をして、できる限りベストなドライバー状況を実現することが我々の仕事だ」とザク・ブラウンはコメント。

「チームは常にその時点での最高のソリューションを求めるものであり、すべてのレーシングドライバーは、最高レベルでパフォーマンスで発揮する必要があることをわかっている」

「我々はストフェルをかなり支持している。ジルが加入したのはドライバーの状況を手助けするというのが主な理由のひとつだ」

「可能な限りすべてのサポートを彼に与えていることに満足している。その一方で我々はF1シリーシーズンにおり、もちろん、様々な機会に見て回っている」

ザク・ブラウンは、フォース・インディアの状況がドライバーマーケットで重要な存在になることを示唆している。

フォース・インディアは、ローレンス・ストロールが率いるコンソーシアムがチームを救済。それにより、ランス・ストロールの移籍は確実とみられており、エステバン・オコンとセルジオ・ペレスのどちらかが市場に出ることになる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン