マクラーレン ホンダ F1
ホンダは、F1エンジン供給プログラムにカスタマーチームを加える準備がようやく整ったかもしれない。

2015年にF1に復帰したホンダは、レッドブルやザウバーとのカスタマー契約が噂されていた。

しかし、ワークスパートナーであるマクラーレンには拒否権があり、元CEOのロン・デニスは、独占権を主張していた。

しかし、その状況も変わったかもしれない。

2017年にさらに苦しい状況に立たされているホンダは、2018年にザウバーとのカスタマー契約が噂されている。現在はマクラーレンのみにエンジンを供給しているホンダだが、2つ目のチームができることで、改善に必要なデータを2倍にすることが可能になる。

ホンダのカスタマー契約の可能性について質問されたマクラーレンのエリック・ブーリエは「我々はカスタマーを探すことをサポートするつもりだ」と Blick にコメント。

「今年、ホンダはできなかっただろう。誰もが減退していただろう。だが、今は状況は異なる」

「チームが多い方がいいし、多くのチームが走った方がいいのは確かだ。だが、そのためには常に支払うべき代償があり、より多くのエンジンを作ることは我々のリソースを逸脱させる」

「何が起こっても我々はパートナーであり、どこかの段階で第2のチームがいるだろう。我々はそれをサポートしなければならないと思う」

「だが、それが我々のパートナーシップに有害でないことを確認しなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | ホンダ