ヨースト・カピート マクラーレン
マクラーレン内で権力争いが勃発するかもしれない。

マクラーレン・レーシングのCEOに就任したヨースト・カピートだったが、後任が見つかるまでフォールクスワーゲンのモータースポーツディレクターの役割を継続していた。しかし、F1ベルギーGPで初めてグランプリに参加した。

スパでは、カジュアルな服装でオブザーバーとして参加したヨースト・カピートだが、次戦F1イタリアGPではマクラーレンのユニフォームに身を包むことになる。

マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは最近、自分とヨースト・カピート、そして、ロン・デニスが効果的に力を分けることになると述べていた。

だが、ヨースト・カピートは「ノーだ」と Marca コメント。

「ロン・デニスはグループのCEOだ。マーティン・ウィットマーシュが去った際、彼はマクラーレン・レーシングでも同じポジションを引き受けた。それが私が就くポジションだ」

「私はブーリエのボスで、ロンは私のボスということになる」

関連:マクラーレン、ヨースト・カピートをチームCEOに任命

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン