マクラーレン MP4-28
マクラーレンは、MP4-28にプルロッド式フロントサスペンションを含めた大幅な改良を施したのは、2013年のタイトル獲得のために必要な動きだったと述べた。

2014年に大幅なレギュレーション変更を控えているため、今年は多くのクルマが昨年マシンの進化版だと予想されていた。

しかし、マクラーレンはMP4-28で広範囲にわたってコンセプトを変更。シャシーの高さを上げて段差ノーズを“化粧パネル”で覆い、フロントにはプルロッド式サスペンションを採用してきた。

マクラーレンのエンジニアリングディレクターを務めるティム・ゴスは、今後のシーズンのために十分な開発レートを維持するためにはこのような努力は不可欠だったと述べた。

マクラーレン MP4-28にアグレッシィブな開発を施した理由について質問されたティム・ゴスは、昨年のMP4-27のコンセプトは、開発の天井に達していたと述べた。

「昨シーズンのパフォーマンスを見て、このクルマの基礎を定めていた段階で、同じクルマの開発を続けていけば、開発レート的にたどり着いてしまうだろうという場所を見つけた」

「我々は実は大規模なステップを果たす必要があると認識した」

「それで、このクルマの構造を定める際、この哲学は我々がパフォーマンスを発生させられると把握していたクルマのエリアをさらに開拓するずっと多くの範囲を与えてくれた」

「我々はこの規約を最大限に活用する方法を理解しているし、昨年はシーズン序盤と後半でこの規約のもとで最速のクルマであることを示した」
「だが、我々はもう少し自由を得る必要があると決断した。その結果、我々は前から後ろまでクルマを再処理した。それは我々が反応するとわかっているクルマのエリアをプッシュするためにより多くの自由を与えてくれた」

マクラーレン MP4-28の代表的な変更点は、昨年フェラーリが導入したプルロッド式フロントサスペンションの採用。

だが、ティム・ゴスは、プルロッドの採用は単純にフェラーリのコピーの結果ではなく、そのような設計の利益と欠点を評価するための多くの仕事を行ったと主張した。

「実際、我々を納得させたのは多くのリサーチだった」とティム・ゴスはコメント。

「クルマの何か新しいものに目を向けるとき、なぜそうするのか常に考えるものだ」

「F1では他の誰かのコンセプトをコピーすることは可能だが、常にうまく働くというわけではない。やらなければならないことは、理由の基礎知識を得ることだ」

「なので、我々はそれを検討し、理由を正確に考えていった。 だが、時間が経ち、いくつか作業をして、我々はそれがクルマのためにどのような利益を生み出せるか、クルマで何を達成しようとしているかを理解していった」

「我々は、運動学的な部分と他形のサスペンションの構造的なネガティブ要素を克服できる空気力学的な利益を見つけた」

しかし、マクラーレンはレッドブルとは異なるエギゾーストコンセプトを採用している。

今年、マクラーレンはエキゾースト周りをさらに進化させ、マシンパフォーマンスとエキゾーストの両方のために気流を最適化させるためにマシン後部を劇的にえぐっている。

「エキゾーストでひとつのことを成し遂げようとする一方で、マシン後部にきちんと機能する排気ガスが流れていないことを確認しなければならない」

「なので、我々はそれをさらにプッシュした。それがこのクルマの我々の哲学だ。クルマが反応するとわかっている場所を、さらにプッシュし、さらに極端にしている。我々にとって昨年からの当然の進化だった」

関連:
マクラーレン、MP4-28を発表
マクラーレン MP4-28 画像

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン