マクラーレンの2022年07月のF1情報を一覧表示します。

ランド・ノリス 「ラッセルに美味しいところを持っていかれた!」

2022年7月31日
ランド・ノリス 「ラッセルに美味しいところを持っていかれた!」 / F1ハンガリーGP 予選
ランド・ノリスは、F1ハンガリーGPでポールポジションを獲得したジョージ・ラッセルに「美味しいところを持っていかれた!」と冗談交じりに祝福した。

友人で同期の2人は健全なライバル関係を楽しんでおり、ランド・ノリスは昨年ソチで初ポールポジションを獲得したため、、それぞれのポール獲得数は現在1対1となっている。

マクラーレンF1 ランド・ノリス 2番手「車のフィーリングはいい」

2022年7月30日
マクラーレンF1 ランド・ノリス 3番手「車のフィーリングはいい」 / F1ハンガリーGP 金曜フリー走行
ランド・ノリス(マクラーレン)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの金曜フリー走行を2番手タイムで終えた。

「フィーリングはいい。車はいい感じだし、このトラックは少し僕たちに適しているように思う。でも、僕たちはいつも土曜日に終える場所よりもFP2の方が少し速い」とランド・ノリスはコメント。

ランド・ノリス 7位 「速さがないことは予想はできていた」

2022年7月25日
ランド・ノリス 7位 「速さがないことは予想はできていた」 / マクラーレン F1フランスGP 決勝
ランド・ノリス(マクラーレン)は、2022年F1第12戦フランスグランプリの決勝を7位で終えた。

マクラーレンは、今大会にMCL36に大幅なアップグレードを投入してパフォーマンスを向上させたが、ランド・ノリスはライバルであるアルピーヌのフェルナンド・アロンソの後塵を拝して7位でフィニッシュ。さらなる最適化の必要性を訴えた。

ダニエル・リカルド 「9位だけどポイントを獲得できたのはポジティブ」

2022年7月25日
ダニエル・リカルド 「9位だけどポイントを獲得できたのはポジティブ」 / マクラーレン F1 フランスGP 決勝
ダニエル・リカルド(マクラーレン)は、2022年F1第12戦フランスグランプリの決勝で9位入賞を果たした。

2台のグリッド降格によって9番グリッドからスタートしたダニエル・リカルドは、スターティングポジションを維持して9位でフィニッシュ。それでもチームメイトやアルピーヌ勢と戦うことはできなかったと振り返る。

F1マシン解説:マクラーレンF1 “予想外”の大規模アップグレードを投入

2022年7月23日
F1マシン解説:マクラーレンF1 “予想外”の大規模アップグレードを投入 / F1フランスGP
マクラーレンF1は、今週末のF1フランスグランプリにアップグレードを投入。チーム代表のアンドレアス・ザイドルが6月のカナダグランプリの後に「メジャーアップグレードの計画はない」と語ったことを考えれば、FP1でダニエル・リカルドの車に最初に搭載されたアップグレードパッケージのサイズは驚きだった。

マクラーレン MCL36のアップグレードには、形状変更された新しいサイドポッド、改良されたディフューザーを備えた新しいフロア、新しい範囲の追加の冷却オプション、およびリアウィングエンドプレートの信頼性主導の変更が含まれている。

セバスチャン・ベッテル、マクラーレンF1移籍を否定「ただの噂」

2022年7月22日
セバスチャン・ベッテル、マクラーレンF1移籍を否定「ただの噂」
セバスチャン・ベッテルは、マクラーレンF1の将来のシート候補であるとの報道は「ただの噂」だと否定した。

2021年にアストンマーティンF1チームに加入したセバスチャン・ベッテルは、今シーズン末で契約が満了。将来について憶測が渦巻いている。

マクラーレンF1 「商業的な理由でドライバーを選定することはない」

2022年7月20日
マクラーレンF1 「商業的な理由でドライバーを選定することはない」
マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、F1ドライバー候補の国籍はマクラーレンにとって重要ではあるが、チームが“商業的な理由”でドライバーを選ぶことは決してないと語る。

マクラーレンは、潜在的な将来のF1ドライバー候補として何人かのドライバーを選定している。昨年末にはアロー・マクラーレンSPのインディカードライバーであるパトリシオ・オワードがマクラーレンとのF1テストを実施した。

ランド・ノリス、ダニエル・リカルドがMCL36に苦労する原因を考察

2022年7月19日
マクラーレンF1のランド・ノリス、ダニエル・リカルドがMCL36に苦労する原因を考察
ランド・ノリスは、マクラーレンF1のチームメイトのダニエル・リカルドの苦闘は、異なるマシン特性を好むドライビングスタイルの違いに起因している可能性があると考えている。

2022年シーズンこれまで、ランド・ノリスは、マクラーレンF1のチームメイトを上回っており、ダニエル・リカルドは、MCL36を理解することに苦労している。

ザク・ブラウン 「ホンダF1と崩壊したマクラーレンの状態は酷かった」

2022年7月19日
ザク・ブラウン 「ホンダF1と崩壊したマクラーレンの状態は酷かった」
ホンダF1とのパートナーシップが失敗していたときにマクラーレンに加入し、後にF1チームの指揮を執ることなったザク・ブラウンは、当時のチームの状態は「思っていたよりも酷い」ものだったと振り返った。

ザク・ブラウンは、2016年11月にマクラーレン・テクノロジー・グループの前会長であるロン・デニスによって採用され、エグゼクティブディレクターに任命された。ちょうどマクラーレン・ホンダのプロジェクトの2年目が終了するときだった。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム