F1マシン解説:マクラーレンF1 “予想外”の大規模アップグレードを投入 / F1フランスGP
マクラーレンF1は、今週末のF1フランスグランプリにアップグレードを投入。チーム代表のアンドレアス・ザイドルが6月のカナダグランプリの後に「メジャーアップグレードの計画はない」と語ったことを考えれば、FP1でダニエル・リカルドの車に最初に搭載されたアップグレードパッケージのサイズは驚きだった。

マクラーレン MCL36のアップグレードには、形状変更された新しいサイドポッド、改良されたディフューザーを備えた新しいフロア、新しい範囲の追加の冷却オプション、およびリアウィングエンドプレートの信頼性主導の変更が含まれている。

アンドレアス・サイドルは、カナダ以降は大きなアップグレードはないと述べたとき、「さらに小さな小さな変更」のためにドアを開いたままにしていた。これは、この大規模な変更がマイナーな変更であると考えられることを示唆している。彼は、これらのアップグレードは常にマクラーレンF1の「プログラムの一部」だったとと述べた。

「モントリオールでの私の発言に関していくつかの間違った見出しがあった。クリックを求める人がいるという印象がある」とアンドレアス・ザイドルは述べた。

「もうアップグレードをもたらさないとは決して言っていない。これは常に我々が進めていたプログラムの一部だった」

「シーズンの残りの部分がどのように見えるかについても、コストキャップ面を明確にした後、今すぐ決定する必要がある。しかし、別のアップグレードをもたらすことは常に計画の一部だった」

ダニエル・リカルドは最初のフリープラクティスセッションでアップグレードパッケージを走らせ、チームメイトのランド・ノリスは比較のために古い仕様を走らせたた。ノリスはFP2以降はアップグレードを搭載している。

今回のアップグレードは、ダウンフォースの増加によってパフォーマンスのステップを提供することが期待されており、最初のセッションでの動作について不利なことは何も報告されなかった。

「バルセロナのパッケージを投入した後、先月はチーム全体が現在の車のコンセプトの次の進化をコースに乗せることに集中した。主な焦点はとにかくダウンフォースをさらに増やすことだった」とアンドレアス・ザイドルは述べた。

「このパッケージをここに届けるために、チーム全体がしてくれた努力に非常に満足している。現在の主な焦点は、この新しいパッケージをできるだけ早く把握し、できるだけ早くホームで確認したポテンシャルを生かし、このパッケージで4位を争っているメインのライバルと戦う立場に立つことだ」

「今日のアイデアは、我々が見たかったステップの古いパッケージにまだ残っているランドと直接比較して理解するために、午前中にダニエルに最初にフィットさせて、いくつかの非常に具体的なプログラムを実行することだった。そして、2回目のセッションで両方の車にインストールする計画だ」

マクラーレン F1 フランスグランプリ

アンドレアス・ザイドルは、新しいパッケージのおかげでスペアがチームにとって「タイト」であることを認めたが、時間とコスト上限の制約を考えると、それは珍しいことではない。

マクラーレンがそうであるように、高いインフレ率と戦うためにコストキャップを引き上げることに関する論争の最近の解決は、コストキャップで活動しているチームへの圧力を和らげたが、アンドレアス・ザイドルは、それがすでにあったことを考えると、このアップグレードに影響を与えなかったことを強調した。

The Raceは、マクラーレンF1が先月、コスト制限の引き上げについてまだ議論されていた時期に、計画されているアップグレードについて公に話すことを躊躇したことを理解している。

アンドレアス・ザイドルは今年、さらなるアップグレードへの扉を開いたままにしたが、他のすべてのチームと同様に、マクラーレンも2022年と2023年の開発のバランスを取る必要がある。

「そのようなパーツのリードタイムを見ると、明らかに数週間以内に生産から外れることはない」とアンドレアス・ザイドルは述べた。

「これは常に、アップグレードをもたらすために実施してきた開発計画の一部だった。それは今のようにパッケージにコミットしたときに、我々が費やさなければならないお金と比較して、それから十分に得られるかどうかを確認するようなものだった」

「だからこそ、タイミングの観点からこのレースを選んだ。これは、すでにいくつかのパーツを持ってきた他のいくつかのチームとは異なる」

「コスト上限が明確になった。年末のコスト上限に関して、現在の状況がわかっているので、何を処理する必要はあるかがわかっている」

「我々は、競争力の観点から自分たちがどこにいるのかを見るために、今ここでこの新しいパッケージでどのように進むかを見極める必要がある」

「そこから、我々がキャップがある場所を見て、今年の残りがどのように見えるかについて決定を下し、それから完全に来年の車に切り替える」

マクラーレンF1 フランスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1フランスGP