ランド・ノリス 「ラッセルに美味しいところを持っていかれた!」 / F1ハンガリーGP 予選
ランド・ノリスは、F1ハンガリーGPでポールポジションを獲得したジョージ・ラッセルに「美味しいところを持っていかれた!」と冗談交じりに祝福した。

友人で同期の2人は健全なライバル関係を楽しんでおり、ランド・ノリスは昨年ソチで初ポールポジションを獲得したため、、それぞれのポール獲得数は現在1対1となっている。

今週末はマクラーレンも競争力があり、ランド・ノリスはハンガロリンクも予選のさまざまな時点でポールポジションの可能性を秘めていたが、最終的には4番手に落ち着かなければならなかった。

2人の英国人の間には、ジョージ・ラッセルが最後のスーパーラップで前に出るまでフロントロー独占は確実とみられていたフェラーリのカルロス・サインツJr.とシャルル・ルクレールがいる。また、Q1とQ2でポールポジション候補だったマックス・フェルスタッペンはパワーロスの問題で10番手に沈んだ。

今年のマクラーレンのペースが変動していることを考えると、ランド・ノリスが2列目スタートを切ることは依然としてポジティブだ。

「今日は僕たちにとってとても良い日だ」とランド・ノリスは Sky Sports F1 に語った。

「少しがっかりしたけどね。ジョージに美味しいところを持っていかれた! でも、殻がF1で初ポールを獲得していることをとてもうれしく思っているし、彼を祝福したい」

「でも、我々が勝ちたい相手の前にいるし、力強い一日になった。4番手は簡単にオーバーテイクできないトラックで非常に強力でポジションだし、明日もそうであることを願っている」

「ポールからそう遠くはない。シーズン序盤の順位を考えるととても満足している」

ランド・ノリスが言及した「僕たちが前に出たい相手」は、アルピーヌF1チームのエステバン・オコンとフェルナンド・アロンソであり、彼らはノリスのすぐ後ろからの3列目からスタートする。

アルピーヌF1チームは、今シーズンの両チームの主な目標であるコンストラクターズ チャンピオンシップでの4位獲得を目指して、マクラーレンに4 ポイント差をつけている。

ランド・ノリスは、ポールタイムに対して0.4秒弱のタイム差は励みになったと述べた。

「100%そうだね。先週を見れば、アルピーヌの方が間違いなく速い車だった」

「今週末、車は最初から非常にうまく機能しているし、強力な場所でパフォーマンスを発揮していると思う」

「アルピーヌをコンスタントに上回りたいのであれば、やるべきことはたくさんあるけど、ここ数週間は(シーズンの)前半戦の終わりに向けて良いスタートを切ったようだ」

ランド・ノリス マクラーレン F1 ハンガリーグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / F1ハンガリーGP