マクラーレンF1のランド・ノリス、ダニエル・リカルドがMCL36に苦労する原因を考察
ランド・ノリスは、マクラーレンF1のチームメイトのダニエル・リカルドの苦闘は、異なるマシン特性を好むドライビングスタイルの違いに起因している可能性があると考えている。

2022年シーズンこれまで、ランド・ノリスは、マクラーレンF1のチームメイトを上回っており、ダニエル・リカルドは、MCL36を理解することに苦労している。

今年のフォームの欠如の結果としてダニエル・リカルドのマクラーレンF1での将来は脚光を浴びているが、彼は2023年までの契約を履行し、マクラーレンでのレースへのコミットメントを表明している。

ダニエル・リカルドよりもMCL36を早く走らせることができておりランド・ノリスだが、彼のガレージも適応するのにかなりの時間がかかったことを認め、2人のドライバーがドライビングスタイルの点でどのように異なるかについて説明した。

「シーズン序盤はダニエルが最初の数回のテストで苦労したよりも、おそらく僕の方がドライビングスタイルに苦労していたかもしれない。かなり適応しなければならなかったように感じている」とランド・ノリスはFormula1.comに語った。

「僕のフィーリングのいくつかは彼のフィーリングに翻訳されていない。また、車の運転方法も少し異なる。僕は車の不安定さはそれほど気にならないし、フロントをもっとプッシュできる車を好む。彼はもう少し安定していて、もう少しアンダーステアな車を好む」

ランド・ノリスは、今年のマクラーレンMCL36はマスターするのが難しい車であり、車のポテンシャルを最大限に活用できるようにするためには、ドライビングの観点から適応が必要であることを認めた。

「僕たちの車は、運転するのが難しい車だと感じている」とランド・ノリスは語る。

「カルロス(サインツJr.)でさえ言っていたことだけど、過去数年間の僕たちの車の特性は、非常に特殊でユニークだし、必要なドライビグスタイルのいくつかは、学んで成長するようなものではなく、かなり適応しなければならない」

「特に今年は車が大きく異なり、昨年の特徴も無くなり、他の特徴も取り入れたので、ドライビングスタイルを変えなければならなかった。同時に、僕もそれに適応しなければならなかかった。マクラーレンに4年間在籍しているからといってこの車を裏の裏まで知っているわけではない」

ランド・ノリス ダニエル・リカルド マクラーレンF1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / ダニエル・リカルド