レッドブルF1、フェルスタッペンのマシン修理費用は総額2億円

2021年7月26日
レッドブルF1、フェルスタッペンのマシン修理費用は総額2億円
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1イギリスGPの1周目でルイス・ハミルトンとの接触でクラッシュしたマックス・フェルスタッペンのRB16Bが大破したことでチームが被った総額は180万ドル(約1億9700万円)だったことを明らかにした。

レース直後、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンのマシンの修理費用は約75万ユーロ(約9700万円)だと語っていたが、それだけでは済まなかったようだ。

「F1はマシン間の性能差が大きすぎてスポーツとは言えない」とチルトン

2017年12月27日
F1 F1jp マックス・チルトン
元F1ドライバーのマックス・チルトンは、F1の上位チームと下位チームとのパフォーマンス差がスポーツを台無しにしていると語る。

マックス・チルトンは、2014年と2015年にマノー・マルシャでF1に参戦した後、アメリカに戦いの場を移し、インディカーでキャリアを継続している。

マックス・チルトンは、インディカーの方が競争力のある接戦が繰り広げられているとし、それがF1の魅力に欠けている部分だと語る。

【インディカー】 マックス・チルトン、チップ・ガナッシ残留が決定

2016年12月8日
マックス・チルトン 2017 インディカー
マックス・チルトンは、2017年もチップ・ガナッシからインディカーに参戦することが発表された。

元マノーのF1ドライバーであるマックス・チルトンは、2015年に日産でのLMP1参戦、カーリンでのインディライツ参戦を経て、2016年にチップ・ガナッシからインディカーに参戦。19位でシーズンを終えた。

チップ・ガナッシは、2016年にスコット・ディクソン、トニー・カナーン、チャーリー・キンボールとともに、マックス・チルトンが同チームで2シーズン目を迎えることを発表した。

マックス・チルトン 「ジュール・ビアンキの死は本当に辛かった」

2016年2月3日
マックス・チルトン
マックス・チルトンは、最近の二つの悲劇を乗り越えて、モーターレースでのキャリアを推し進めている。

マックス・チルトンは、2014年に故ジュール・ビアンキが鈴鹿で致命傷を負ったときにマルシャのチームメイトを務めていた。

マックス・チルトンは、ジュール・ビアンキの事故の映像をまだ“見ることができない”と語る。

マックス・チルトン、ガナッシからインディカーに参戦

2016年2月2日
マックス・チルトン
元マルシャのF1ドライバー、マックス・チルトンが、今年チップ・ガナッシからインディカーに参戦することが決定した。

2015年にインディ・ライツに参戦したマックス・チルトン(24歳)は、カーナンバー8のチップ・ガナッシのマシンを走らせる。

マックス・チルトンは、まだシボレー製エンジンを搭載したガナッシのインディカーマシンをテストしていないが、3月13日にセントピーターズバーグでの開幕戦までに5日間の走行日がある。

マックス・チルトン、ハースと交渉も「たぶん無理」

2015年8月28日
マックス・チルトン
マックス・チルトンは、ハースF1チームと2016年のドライバー契約について連絡を取っているが、状況は不利だと認めている。

ハースには10人のドライバー候補がおり、チームは来月中に少なくとも2016年のドライバーの1人を決定したいとしている。

ハースは、フェラーリと強い繋がりを持っていることから、フェラーリのテストドライバーを務めているエステバン・グティエレスとジャン・エリック・ベルニュが有力だとされている。

マックス・フェルスタッペン、エンジン交換で10グリッド降格

2015年8月22日
マックス・フェルスタッペン
マックス・フェルスタッペンは、エンジンを交換し、F1ベルギーGPの決勝レースで10グリッド降格ペナルティを受けることになった。

トロ・ロッソのチーフレースエンジニアであるフィル・チャールズはマックス・フェルスタッペンのエンジン交換を認め、レースに向けて戦略をしっかり練っていく必要があると語った。

マックス・チルトン、亡きジュール・ビアンキに捧げる初勝利

2015年7月19日
マックス・チルトン
マックス・チルトンは、インディ・ライツでの初ポールポジションに続き、見事に初優勝。ポール・トゥ・ウィンを亡くなった元チームメイトのジュール・ビアンキに捧げた。

昨年のF1日本GPでの事故で頭部に重傷を負ったジュール・ビアンキは、9ヵ月にわたって戦っていたが、17日(金)の夜にこの世を去った。

マックス・チルトン、ジュール・ビアンキに捧げるポールポジション

2015年7月19日
マックス・チルトン
マックス・チルトンは、インディライツ 第12戦 アイオワの予選でポールポジションを獲得。亡くなった元チームメイトのジュール・ビアンキに捧げた。

マックス・チルトンとジュール・ビアンキは、2013年シーズンのスタートから2014年の運命のF1日本GPまでマルシャのガレージをシェア。その後、マックス・チルトンは、チームの最後のレースとなったF1ロシアGPまで1台だけで参戦を続けた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム