レッドブルF1、フェルスタッペンのマシン修理費用は総額2億円
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1イギリスGPの1周目でルイス・ハミルトンとの接触でクラッシュしたマックス・フェルスタッペンのRB16Bが大破したことでチームが被った総額は180万ドル(約1億9700万円)だったことを明らかにした。

レース直後、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンのマシンの修理費用は約75万ユーロ(約9700万円)だと語っていたが、それだけでは済まなかったようだ。

クリスチャン・ホーナーは、チームの公式サイトで公開されたコラムで、ルイス・ハミルトンとメルセデスF1に対する批判を続けた。

「あのクラッシュは我々に約180万ドルの負担をかけた。あのような事故は予算上限の時代に大きな影響を及ぼした」とクリスチャン・ホーナーは語った。

マックス・フェルスタッペンは、クラッシュ後、自力でマシンから降りてサーキットのメディカルセンターに運ばれ、その後、コベントリー病院に搬送され、コンピューター断層撮影と磁気共鳴画像スキャンで内部の怪我をチェックした。

クリスチャン・ホーナーは、メルセデスF1がそのような状況下でルイス・ハミルトンに勝利を祝うことを控えるように言わなかったと批判した。

「それに事故の結果として享受したお祝いの程度にもまだ失望している」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「メルセデスチームはクラッシュの重大さを認識していた。マックスが病院に搬送され、さらなる検査が必要であることは広く報告されていた」

「ドライバーに状況を知らせないなど想像できない。さらに、ドライバーが必要な抑制を示さない場合に備えて、彼らはドライバーを保護することもできるはずだ。ドライバーにペナルティが科せられたインシデントの結果である場合は特にそうだ」

クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンが51Gの影響を受けた後、当初は「チームの無線に応答できなかった」と指摘した。

「あの瞬間はドライバーの安全以外のことはすべてを忘れるものだ。我々全員にとって家族のような人であり、我々のスポーツにおけるリスクと報酬を思い出させる出来事だった」

「彼がようやく話すことができ、彼がメディカルチームによってマシンから助けられたのを見たときの安堵は非常に大きかった。いくらかぼんやりしていてサポートを必要としていたが、信じられないほどの気持ちだった」

クリスチャン・ホーナーは、レッドブル陣営のルイス・ハミルトンに対する批判は、本質的に個人的なものであると感じたとするメルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフの最近の発言にも不快感を露わにした。

「病院にドライバーがいて、怪我の程度がまだ明らかにされていない時点だったし、マシンはめちゃくちゃに壊れ、スチュワードは責任があると見られるドライバーにペナルティを科した。不当な扱いを受けていると感じているか、勝利を収めたかにかかわらず、関係者全員にとって感情的になるのは当然のことだ」とクリスチャン・ホーナーは述べた。

スチュワードは、クラッシュの“主”な責任はルイス・ハミルトンにあったと判断したが、クリスチャン・ホーナーは“完”に責任があったと感じている。

クリスチャン・ホーナーは、ルイス・ハミルトンのマシンは、マックス・フェルスタッペンに接触していなければ、コーナーが曲がり切れていなかったはずだと主張する。

「インシデントをよく見ると、ハミルトンがレースでルクレールを追い抜いたときと比較して、マックスはより広いラインを取ってコプスに入っていた」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「ハミルトンは遅れてブレーキをかけ、コーナーをオーバーシュートしていた」

「彼は消してコーナーの頂点を捕らえることはできないほどのスピードで走行しており、コプスを通過した彼の軌道は、ブレーキングをしても決してマックスを避けられるものではなかったし、事故後も非常にワイドに走っていた」

「現在、ハミルトンは競争力のあるマシンの乗ったライバルに出会ったというのが現実だ。両方のドライバーがお互いに敬意を示す必要があることに同意するが、ハミルトンは日曜日に攻撃者だった」

クリスチャン・ホーナーは、レッドブルF1がスチュワードレにインシデントの見直しを要求するかどうかをまだ検討している示唆した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1イギリスGP / マックス・チルトン