マックス・チルトンの2016年02月のF1情報を一覧表示します。

マックス・チルトン 「ジュール・ビアンキの死は本当に辛かった」

2016年2月3日
マックス・チルトン
マックス・チルトンは、最近の二つの悲劇を乗り越えて、モーターレースでのキャリアを推し進めている。

マックス・チルトンは、2014年に故ジュール・ビアンキが鈴鹿で致命傷を負ったときにマルシャのチームメイトを務めていた。

マックス・チルトンは、ジュール・ビアンキの事故の映像をまだ“見ることができない”と語る。

マックス・チルトン、ガナッシからインディカーに参戦

2016年2月2日
マックス・チルトン
元マルシャのF1ドライバー、マックス・チルトンが、今年チップ・ガナッシからインディカーに参戦することが決定した。

2015年にインディ・ライツに参戦したマックス・チルトン(24歳)は、カーナンバー8のチップ・ガナッシのマシンを走らせる。

マックス・チルトンは、まだシボレー製エンジンを搭載したガナッシのインディカーマシンをテストしていないが、3月13日にセントピーターズバーグでの開幕戦までに5日間の走行日がある。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム