ジェローム・ダンブロシオ
ロータスは、F1イタリアGPで出場停止となるロマン・グロージャンの代役にリザーブドライバーを務めるジェローム・ダンブロシオを起用することを発表した。

F1ベルギーGPのスタート直後の事故で、FIAはロマン・グロージャンに1レースの出場停止処分を下しており、代役を務めるドライバーに注目が集まっていたが、ロータスは、F1イタリアGPでジェローム・ダンブロシオにチャンスを与えることを発表した。

「サードドライバーとしてジェロームと契約した際、我々はモチベーションが高く、フレッシュで才能があり、フルで2011年シーズンを戦った男と契約をした」

「彼が今週末のモンツァでクルマを走らせるとき、それが利益を生んでくれることを期待している。ジェロームがうまくチームに融合することはわかっている。彼はムジェロテストでE20を走らせたときに良い仕事をしていた。今、彼はチャレンジングなサーキットであるモンツァで表彰台を争えるクルマでグランプリに挑戦する」

「ひとつ確かなことは、彼は半分イタリア人だ。私は観客がフェルナンド以外でどのドライバーを応援するかわかっている! ジェロームにとってはタフな仕事だが、我々は良い結果を成し遂げるためにあらゆる点で彼をサポートする」

ジェローム・ダンブロシオは、再びレースシートに座る喜びを語った。

「僕の2012年の願望は、このようなチャンスを手に入れてF1カーのシートに戻ることだった」

「モンツァは素晴らしいサーキットだし、金曜日にトラックに出ていくのが待ち切れない。サードドライバーとして全てのグランプリでチームと働いてきた、レースドライバーがする全てのブリーフィングとミーティングに参加してきたので、その点では準備はできている。モンツァは素晴らしいサーキットだけど、テクニカルなサーキットでもあるので、自分の仕事を過小評価してはいない」

「レースで多くのポイントを獲得してチームの信頼にこたえたい。日曜日のレース後にはロマンにステアリングを返すし、イタリアでのレースで自分の完全な実力を示せることを願っている」

関連:ロマン・グロージャン、1レースの出場停止処分

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロータス | F1イタリアGP | ジェローム・ダンブロシオ