ロマン・グロージャン
ロマン・グロージャンは、F1ベルギーGPでのクラッシュにより、1レースの出場停止と50,000ユーロ(約492万円)の罰金を科せられた。

ロマン・グロージャンは、スタート直後の1コーナーへ向かう途中、ルイス・ハミルトンに幅寄せして芝生へ押し出し、その後、2台は接触し、フェルナンド・アロンソと2台のザウバーに突っ込んだ。

レース後、スチュワードは、ロマン・グロージャンに責任があるとみなし、来週のF1イタリアGPでの1レースの出場停止処分を科した。

「スチュワードは、今回の事故に関して、他に怪我を負わせる可能性のあるかなり重大なレギュレーション違反があったと考えている」

「それはレースから主要なチャンピオンシップ競争者を追い出した」

スチュワードは、ロータスとロマン・グロージャンが処分を争おうとはしなかったと付け加えた。

「スチュワードは、チームが、ドライバーのアクションがかなり重大なミスであり、判断の誤りだったと認めた点に言及したい」

「チームもドライバーも、ペナルティの軽減に関しての提出はしなかった」

ロータスが、リザーブドライバーとしてジェローム・ダンブロシオを抱えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロマン・グロージャン | ロータス