ローガン・サージェント 「アメリカ人F1ドライバーというプレッシャーはない」
アメリカ人のローガン・サージェントが2023年のウィリアムズでF1デビューを果たすことはスポーツにとって大きなニュースだ。近年、F1に到達したアメリカ人はスコット・スピード(2006-2007年)とアレクサンダー・ロッシ(2015年)しかおらず、どちらもアメリカでF1人気が急上昇はるかに前のことだった。サージェントは、来年、マイアミ、オースティン、ラスベガスで3つのホーム レースを行う予定であり、彼に対する注目は高まる一方だ。

アメリカの関心について質問されたローガン・サージェントは「このポイントに到達するために他の誰よりも多くの努力をしたと感じている。

「来年は最高のドライバーになれるように、できる限りの準備をしなければならない」

「そして、彼らを誇りに思って代表したと思っている。でも、正直に言うと、余計なプレッシャーはないと思う。ありのままの自分に大きな期待を寄せている」

「僕にとっての目標は明確だった。スーパーライセンスを取得する必要があった」

「正直に言うと、まだあまり深く考えていない。毎日進めていくだけだ。準備万端だと感じている。できる限りの準備をして、自分の能力を最大限に発揮して運転することが僕がコントロールできるすべてだ。それが僕にできるすべてだ」

ローガン・サージェントは、Drive to Survive時代と一致する彼のF1到着のタイミングを軽視することに熱心だ。

「さっきも言ったけど、僕は過去何年にもわたってハードワークをしてきた。この夢を実現するために、若い頃にヨーロッパに引っ越すことを決意した」

「ジュニアフォーミュラのキャリアはとても良かったと思う。そして、その章を閉じて次の章に進むことを楽しみにしている」

ローガン・サージェントは、セバスチャン・ベッテルの引退とフェルナンド・アロンソのアストンマーティンへの移籍をきっかけに市場が狂っていた夏休みの後、潜在的なウィリアムズのレースドライバーとして浮上した。

オスカー・ピアストリがウィリアムズにローン移籍する予定だったが、代わりにマクラーレンに行った。部外者を見るのではなく、ウィリアムズは自分たちの若者が準備ができていると判断したが、厄介なのはスーパーライセンスだった。

「僕はそれに関してのループから締め出されていた」とローガン・サージェントは語った。

「マネージャーとウィリアムズの間でより多くのことが行われていたと思う。モンツァが終わるまで、僕はそれを知らなかった」

「そこが、僕がF1スーパーライセンスを取得する限り、ほぼ具体的になったときだった。彼らは、僕ができる限りの準備をして、最終ラウンドに向けてできる限りの準備ができるように、早めに言うことにしたんだと思う」

幸運なことに、モンツァとアブダビの間のFIA-F2の長い休暇の間、家に座っていることはなかった。F1での走行距離を重ね、FP1セッションで自信を築くのに忙しかった。とは言え、うまくいかない可能性があることを考えると、アブダビ周辺にはいくらかのストレスがあった。

「リスクと報酬のバランスを実際に見つけようとしていたと思う。実際、思ったほどプレッシャーはなかった。なぜなら、週末に入ると、何が危機に瀕しているのかを完全に理解し、それに対して非常に平和になったからだ」とローガン・サージェントは語る。

「だから、僕はとにくプレッシャーを取り除いた。自分たちにできることをやり、1 年を通して同じペースで走れれば、すべてがうまくいくことはわかっていた。確かに、レースでは、攻撃的すぎるときと攻撃的でないときとのバランスをうまく取らなければならなかった」

「正直なところ、コースに出るとかなり落ち着いていた。もちろん、自分を危険にさらすようなことをするつもりはなかった。僕にとって、目標が明確だったし、スーパーライセンスを取得する必要があった。そして、僕たちはうまく実行できたと思う」

「土曜日のペースには少しがっかりした。でも、日曜日はペースが本当に良かったので、好転したと思う。ただ、残念だったのは、レースが僕たちに有利に傾かなかったことだ。でも、ほとんどの場合、日曜日はとても落ち着いていたし、いいレースができたと感じていた」

シーズンの初めに、ウィリアムズから目標を与えられていたのだろうか?

「必ずしもそうではない。つまり、特に言われたわけではなく、スーパーライセンスを取得するには、単に良いパフォーマンスを発揮し、チャンピオンシップのトップでフィニッシュする必要があるということだった」

「カーリンと一緒に、本当に力強いルーキーシーズンを過ごしたと思う。僕たちの実力ほどうまく実行できなかったこともあったかもしれない。でも、僕たちのペースは非常に強かったと思う。そして、僕たちはチャンピオンシップで好成績を収めた」

「僕は非常に現実的で地に足の着いたままでいたいと思っていた。そして、僕にはまだやるべき仕事があることを知りたかった。だから、確かに週末はプレッシャーがあった。そして、昨日仕事を終えたとき、肩の荷が少し降りた」

「でも、正直に言うと、今朝起きた時と同じようにとても自然に感じたし、チームの中でとてもくつろげた。そして、シーズン全体で取り組んできたことを前進させているように感じた。 本当にすべてがうまくいったように感じた」

今年、ローガン・サージェントはF2で大きな進歩を遂げており、F1 での走行距離も彼の学習曲線に反映された。

「明らかにF最大のことの1つは2シーズン全体を経験したことだと思う。今年は自分自身、レースペース、レースクラフト、より大きくてよりパワフツな車を運転することについてなど、あらゆる面で多くを学んだ」

「予選のパフォーマンスを本当にしっかりしていたようなに感じている。でも、最も重要なのは、F1 シミュレーター、最近行った FP1、そして、この最後のテストに費やした時間だ。それこそが、自分のコンフォートゾーンから抜け出し、最大限に改善するチャンスを与えてくれる」

では、ローガン・サージェントが最初の F1 シーズンに向けて取り組む必要のある分野は何か? それについてサーケントは非常に明確だ。

「自信を持っているし、自分のワンラップのペースには満足している。若い頃から、おそらくそれが一番の強みだったと思う。改善する必要があるのは、レース全体を問題なく走り抜け、レースペースとマネジメントに取り組むために、フィジカルをその水準に近づけることだと思う。それが最も大きなことになるだろう」

ローガン・サージェントは、アメリカ人のオーナーだけでなく、ウィリアムズにぴったりだ。チームには、ジョージ・ラッセルと共に成功を収め、若いドライバーのスピードアップを支援してきた歴史がある。

「彼らが本当に支えてくれていて、自分のベストを尽くしたいと思ってくれているという感覚がある。そして、明らかに非常に忙しい年だった」

「F2で忙しかったという理由だけで、シーズンを通してファクトリーで好きなだけ多くの時間を過ごすことはできなかった。彼らは、僕たちがチームであり、一緒にこの問題に取り組んでおり、あらゆる段階で自分をプッシュしてくれているという感覚を本当に与えてくれたように感じている」

ローガン・サージェントの話の興味深い側面の 1 つは、2020 年に FIA-F3選手権でチームメイトのオスカー・ピアストリにわずか 4 ポイント差でフィニッシュしたことだ。だが、ピアストリが F2 に昇格してタイトルも獲得したのに対し、サージェントは 2021 年に F3 でに留まり、競争力の低いチャロウズ・レーシングで行き詰まった。しかし、ウィリアムズの注目を最初に集めたのは、チャロウズで彼が持っていたものを最大限に活用したその年のパフォーマンスだった。

現在、ローガン・サージェントはオスカー・ピアストリに追いつき、2023 年に一緒に F1デビューを果たす。誰が最も大きな印象を与えるのか興味深いところだ。

「2020 年のタイトル争いは明らかに接戦だったけど、摩擦はまったくなかった」とローガン・サージェントは語った。

「僕たちはカート時代からの友人だ。正直、彼が成し遂げたことすべて、彼のことをとてもうれしく思っている。そして、僕たちがF1で成功することを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ローガン・サージェント / ウィリアムズ