F1:全10チームが新コンコルド協定に合意…2025年までのF1参戦が確定
F1は、全10チームが新しいコンコルド協定に合意したことは発表。これにより、現在F1に参戦する10チームが2025年まで活動を継続することが確定した。

コンコルド協定は、F1世界選手権の賞金・分配金などの商業面、およぼF1の統治や運営方法の取り決める契約。現行の協定の有効期限は今シーズン末までとなっていた。

8月18日(火)にはフェラーリ、ウィリアムズ、マクラーレンが新コンコルド協定にサインしたことを発表。そして、19日(水)には残りの7チームも新しい条件に合意したことが発表された。

F1は「この合意は、F1の長期的な持続可能な未来を確保し、2022年に施行される2019年10月に発表された新しいレギュレーションと組み合わせることで、チーム間の財政面およびコース上での格差を縮小し、競技の場の平準化を支援し、ファンがもっと見たいコース上でのより緊密なレースを生み出す。より緊密なレースにより、より多くのファンを我々のスポーツに引き付け、すべてのチームに利益をもたらし、F1の世界的な成長を続けていく。」

F1の会長兼CEOであるチェイス・キャリーは「今年は世界にとって前例のない年であり、F1がここ数か月で集まり、安全な方法でレースに復帰したことを誇りに思っている」とコメント。

「今年の初めに、我々はパンデミックの流動性によってコンコルド協定は合意にさらに時間がかかると述べていたが、8月までに長期計画について全10チームがスポーツの長期的な将来の計画について合意に達したことを嬉しく思う」

「我々のすべてのファンが、より緊密なレース、ホイール・トゥ・ホイールのアクション、そして、すべてのチームが表彰台に上がるチャンスがあることを望んでいる」

「新しいコンコルド協定は、2022年のレギュレーションと組み合わせて、これを実現するための基盤を整え、財政的に公平でレーストラック上でのチーム間のギャップを埋める環境を作り出すことだろう」

FIA会長のジャン・トッドは「FIA、F1、および現在の10チームすべての間で新しいコンコルド協定が締結されたことは、FIA F1世界選手権の安定した未来を保証する」とコメント。

「70年の歴史の中で、F1は驚くべき速度で発展し、安全性、技術、競争の境界を絶対的な限界まで押し上げた。そして、今日、その歴史の中で刺激的な新しい章が始まろうとしていることを発表する」

「現在世界中の誰もが直面している前例のないグローバルな課題の中で、F1のすべての利害関係者が過去数ヶ月にわたってスポーツとファンの最善の利益のために協力し、モータースポーツの頂点で、より持続可能、公正、エキサイティングな競争のための細い道に合意したことを誇りに思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / リバティ・メディア / FIA