F1 リバティ・メディア
リバティメディアは、すでにF1を売却することを検討していると報じられている。

アメリカ企業のリバティメディアは、2016年にF1の権利を買収し、2017年に長年のF1最高経営者であるバーニー・エクレストンに代えてチェス・ケアリーを会長兼CEOに就任させた。しかし、現在F1の買収を検討していると報じられた。

スポーツビジネスのニュース誌 johnwallstreet.com は「リバティメディアは国際的なレースサーキットへの投資を減らしていくシナリオを模索している」と報道。

リバティメディアはF1を80億ドル(約9,000億円)で買収しているが、バーニー・エクレストンがその額の“ほんのわずかな金額”でF1を買い戻す可能性があると同誌は報じた。

最近、バーニー・エクレストンは「今のところ、私は意味のあることを見たことがない。彼ら(リバティメディア)はほぼすべて間違ったことをしている」と Blick に語っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: リバティ・メディア