F1 マクラーレン ウィリアムズ
F1のスポーティングディレクターを務めるロス・ブラウンは、名門チームであるマクラーレンとウィリアムズが低迷ぶりを嘆いている。

F1の古豪チームであるマクラーレンとウィリアムズは、チャンピオンシップ争いから程遠い状況が続いており、マネジメントを再編やドライバーの入れ替えなどで再び正しい方向に踏み出そうともがいている。

しかし、F1は厳しいスポーツであり、マクラーレンとウィリアムズの低迷はいかに安定性が重要であるかを強調していると考えている。

「メルセデスにはまだ私が2007年にホンダに加入した頃と同じ人々がいる。10年以上の安定性があるということだ。それは非常に重要なことだ」とザク・ブラウンは Autosport にコメント。

「ウィリアムズとマクラーレンは変化を経験した。それらが安定するまでには常に時間がかかる」

「彼らは素晴らしい歴史を持った素晴らしいチームだ。だが、残念なことに、F1は歴史を大きく重んじるわけではない。コース上で行われていることだけが尊重される」

「我々はF1として、それらのチームが競争力のあるポジションに戻ってくることを心から望んでいる。彼らは素晴らしいチームであり、素晴らしいブランドだからね。だが、F1は情けをかけない」

「一流の仕事をしていなければ、それが毎週日曜日、隔週の日曜日に示されてしまう。彼らには競争力のあるポジションに戻るための能力があるが、それは大変な仕事だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: リバティ・メディア | ウィリアムズ | マクラーレン