ランド・ノリス 「メルセデスF1のポーパシングは車高を上げれば済む話」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、メルセデスF1にはバウンシングの問題を解決するためにパフォーマンスを犠牲にすることを頑なに拒んでいると語る。

ルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルは、F1アゼルバイジャングランプリの週末を通してバウンシングに苦しんでいると述べ、ハミルトンはF1キャリアの中で最も苦痛なレースだったと述べた。

メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、結果としてルイス・ハミルトンが今週末のカナダでのレースに出場できない可能性さえあると警告した。

メルセデスF1は、2022年シーズンの初期段階で深刻なポーポイズ現象に見舞われたが、その影響を減らすためにバルセロナでアップグレードを導入した。

メルセデスF1の現在の問題は、グラウンドエフェクト効果によってダウンフォースを生み出すために地面近くを走る車に起因しているようだ。

同じようにバウンシングを経験しているドライバーは、メルセデスF1のドライバーのサポートに回っているが、すべてのドライバーがそうであるわけではない。

マクラーレンF1のランド・ノリスは、自分はバウンシングについて不満はないと述べ、メルセデスはその問題を解決するために車高を上げるだけ済むはずだとF1TVに述べた。

「僕はその瞬間にそれを愛している。不平はない」とランド・ノリスは語った。

「僕たちにもポーポイズ現象とバウンシング現象は発生しているけど、それは自分たちが対処しなければならないことだ」

「これはパフォーマンスを向上させようとすることとのトレードオフだ。車高を下げれば、かなり簡単にパフォーマンスを向上させることができるけど、より多くのポーポイズ現象が発生する」

「僕たちは今いる場所が正しい量だと思う。メルセデスはもっと堅いフロアをつけて、車高を上げることができると僕は確信している。その方が彼らにとってはるかに良いだろう」

「でも、彼らは明らかにパフォーマンスを失いたくないだけだ。不満を言うことは何もないと思う。ただ人々が自分でそれを修正する方法を見つける必要があるだけだ」

この問題は今週末カナダに持ち越されると予想されている。モントリオールのトラックはかなりバンピーであり、ドライバーはラップタイムを最大化するために縁石を使うことよくある。

メルセデスFqのリザーブドライバーであるストフェル・バンドーンは、カナダでもバウンシング問題は続くことを予想している。

「来週末の解決策を見つけるのは非常に難しいだろうと僕は恐れている」とストフェル・バンドーンは語った。

「彼らはバルセロナにアップデートをもたらし、車を大幅に改善した。ルイスからは本当に良いレースペースが見られた」

「でも、モナコは非常に特別なトラックだ。バクーもかなり特別なサーキットだ。ポーポイズ現象は戻ってきたようだし、おそらく最悪の現象の1つだ」

「ルイスとジョージにとって快適な乗り心地ではない。でも、同時に、彼らは僕たちが車高を上げれば、快適に感じるかことを知っている。パフォーマンスをあきらめればね」

「パフォーマンスを目指すのか、もしくは快適さを目指すのかは、とても難しいバランスだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / メルセデス