マクラーレンF1のランド・ノリス 「フェラーリとの激戦は両チームにとって有益だった」
マクラーレンは、2021年にコンストラクターズランキングの3位争いでフェラーリに敗れたが、ランド・ノリシは、2つのチーム間の激しい戦いは両方のチームにとって有益だったと考えている。

マクラーレンとフェラーリは2021年シーズンの比較的早い段階でミッドフィールドのライバルから離れていた。F1の夏休みが始まる頃には、マクラーレンがフェアーリ上回っていた。

しかし、F1イタリアGFPでのセンセーショナルな1-2フィニッシュ後の一連の貧弱なレースにより、フェラーリがマクラーレンを上回り、48.5ポイントのアドバンテージを築いてF1アブダビGPのフィニッシュラインを迎えた。

マクラーレンにとって残念な結果となったが、ランド・ノリスは、フェラーリのマシンとの戦いは両方のチームにとって利益であったと信じている。

「それはかなり役に立ったと思う」とランド・ノリスは語った。

「気を抜いてはいけない、プッシュし続けなければならない、最小のラップタイムを見つけなければならないという精神を持っているだけでね」

「自己満足して、心をそらすのは簡単だ。特に前後に誰もいない3番目に速いマシンで自分が一人でいる場合はね」

「その罠に陥ってしまう未知はいくつかあるので、それは僕たちにとって良いことだったと思う。彼らにとっても同じだ。彼らにとって簡単な年ではなかったので、僕たち両方にとって有益だったと思う」

マクラーレンは、F1グリッドで3番目に優れたチームであり続けるというその探求に足りなかった。しかし、全体として、すべての指標で、2020年よりも良いシーズンを楽しんだとランド・ノリスは主張する。

「厳しいシーズンだったと思うけど、去年よりもずっと良いシーズンだったと思う」とランド・ノリスは語る。

「僕たちはフロントに近く、フェラーリを除けば、残りの部分とのギャップもはるかに大きかった」

「結果やポイントだけでなく、チームとしてどのように協力し、物事を最大限に活用したかという点でも、非常に良いシーズンだった」

「来年はもっと良いポジションにいると思うし、頻繁に彼らとレースをしたい。フロントのドライバーたちともっと頻繁にレースができることを願っている」

フェラーリF1のスポーティングディレクターを務めるローラン・メキーズは、ランド・ノリスの意見に同意し、マクラーレンとの間の激しい戦いの影響を認めた。

「戦うにはとても良いチームだ」とローラン・メキーズは語る。

「彼らはいくつかの素晴らしい瞬間を過ごした、彼らはモンツァで勝ったし、ソチで勝ったかもしれない」

「彼らは非常に競争力がある。また非常に良いダイナミクスを持っている」

「だから良いチャレンジだった。彼らよりミスを少なくする必要がある挑戦だ。彼らを打ち負かしたいなら、そういった小さな詳細をもっと突きつける必要がある」

「最終的にはそれは上位2位チームで起こっていることと同じだ。同じダイナミックだ。ポイントの損失は同じだ。したがって、それは良いことだった。チームにとって良いトレーニングだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / フェラーリ / マクラーレン