ランド・ノリス、戦力外通告組3人の表彰台は「F1の可能性を示した」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、ミッドフィールドのライバルが表彰台を独占したF1アゼルバイジャンGPの結果は、F1が“何が起こるか分からない”ことを示していると考えている。

2021年のF1アゼルバイジャンGPでは、セルジオ・ペレス(元レーシングポイント)、セバスチャン・ベッテル(元フェラーリ)、ピエール・ガスリー(元レッドブル)という、過去に所属チームから戦力外通告を受けたドライバーが立った。

ランド・ノリスは、バクー市街サーキットで6位で予選を通過したが、Q1セッションの赤旗違反によって9位に降格した。

ランド・ノリスの問題は、12位まで落ち込んだオープニングラップでの輝きに欠けた後、さらに悪化した。しかし、ノリスは徐々に回復し、他のドライバーの問題から利益を得て順位を上げ、5位でフィニッシュした。

「2位のセブと3位のピエールを見れば、もうっと良いポジションにいれば、それが僕たちだったかもしれないということを垣間見ることができる。でも、僕たちはそれを受け入れる」とランド・ノリスは言った。

「最初の数コーナーでベストを尽くせなかった。いくつかポジションを失っったことで、残りのレースでかなりのダメージを受けた。ちょっと運が悪いときもある」

「左にも右にも行けない位置にいると、真ん中に入って挟まれてしまう。思い通りに進まない場合もある」

「でも、それ以外に、戦略、ピットストップでボッタスの前に出て、リスタートでは(ルイス)ハミルトンと角田(裕毅)の前にでるなど、あらゆる機会を最大限に活用した」

「5位には満足している。十分な量のポイントだし、ちょっとしたダメージリミテーションだ。だから、それで満足した」

F1アゼルバイジャンGPの週末では、ターン15で数人のドライバーがミスを犯した。マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールが予選で壁にぶつかり、ランス・ストロールとアントニオ・ジョビナッツィがクラッシュした。

ランド・ノリスは、レーストリムでそのリストに加わりかけたことを認めた。

「多くの人がクラッシュするという非常に厄介な瞬間があった」とランド・ノリスは付け加えました。

「ハードタイヤでかなり大きなロックアップがあり、スティントのかなり早い段階だったので、かなり怖かった」

「残りの周回数は多かった。振動も多かったので、とても簡単に残りのレースのためのタイヤが駄目になっていった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン