マクラーレンF1のランド・ノリス 「メルセデスやレッドブル・ホンダと戦えるペースはある」
ランド・ノリスは、マクラーレンが今週末のF1ポルトガルGPでメルセデスやレッドブル・ホンダと戦えるペースを持っていることを期待している。

前戦F1エミリア・ロマーニャGPでランド・ノリスは自身2度目の表彰台を獲得。最終的には抜かれたものの、レース終盤、挽回していくるメルセデスF1のルイス・ハミルトンは数周にわたって抑えてみせた。

ランド・ノリスは、シーズンへの力強いスタートを続けており、フェラーリ勢と予選で上回られたチームメイトのダニエル・リカルドを再び打ち負かした。

ランド・ノリスは、今後のレースでもマクラーレンはF1の主要チームと戦い続けることができると期待している。

「レッドブル、メルセデス、フェラーリなど、僕たちが考えていた珍しいマシンたちとレースができるのは素晴らしいことだ。彼らに戦えているのは素晴らしいことだ。将来的にはもっと多くのことができることを期待している」

今週末のF1ポルトガルGPに向けて、ランド・ノリスはマクラーレンがシーズンの力強い勢いを維持できることを期待していると語る。

「F1で2度目の表彰台に立つことは素晴らしい気分だったけど、チームのみんながいなければ、それを成し遂げることはできなかった」とランド・ノリスは語る。

「トラックとファクトリーの誰もが、週末ごとに可能な限り最高のチャンスを僕たちに与えるために、予想の斜め上を行っている」

「結果はグリッドの最前線に向かって競争するために僕たちが行っている進歩を示しているけど、すべてのレースが僕たちに有利になるわけではないことは分かっている。僕たちは集中してすべての分野で改善を図り、激しい競争に打ち勝つことができる余分な0.1秒を見つける必要がある」

「イモラは、戦いが非常に接近していて、あらゆる機会をアドバンテージに変えようとする必要があることを本当に示したと思う」

マクラーレンは、2ラウンドを終えてコンストラクターズ選手権で3位につけており、首位のメルセデスとは19ポイント差となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン