マクラーレンF1のランド・ノリスが新型コロナウイルスに感染
マクラーレンF1のランド・ノリスがドバイでの休暇中に新型コロナウイルスに感染。14日間の隔離期間に入った。

ランド・ノリスは、トレーニングのために訪れていたドバイで新年を迎えたが、1月4日(月)に突然味覚と嗅覚が失われ、新型コロナウイルスの検査を受け、陽性反応が示された。

「マクラーレンは、ランド・ノリスが昨日トレーニングキャンプに先立って休暇を過ごしているドバイで新型コロナウイルス検査で陽性結果が出たことをお知らせする」とマクラーレンは声明で述べた。

「味覚と嗅覚が失われたと感じた彼はすぐに検査を受け、チームに連絡した。地元の規則に従って、現在は彼はホテルで14日間の自己隔離を行っている。現在、彼は体調は良く、他の症状は報告していない」

ランド・ノリスも「皆さん、こんにちは。皆さんが元気に過ごしていることを願っている」と述べた。

「昨日、味覚と嗅覚を失ったので、すぐに自己隔離してテストを受けた。陽性反応が出たので、僕が接触した全員に連絡を取った。これから14日間の自己隔離を行う」

「体調はいいし、他の症状はないけど、とにかく皆さんに知らせたかった」

ランド・ノリスは、新型コロナウイルスに感染した4人目のF1ドライバーとなった。レーシング・ポイントのセルジオ・ペレスはシルバーストンでの2連戦を欠場し、チームメイトのランス・ストロールはニュルブルクリンクで開催されたF1アイフェルGPを体調不良で欠場した後、陽性反応が出た。また、メルセデスF1のルイス・ハミルトンはバーレーンで陽性反応が出てF1サヒールGPを欠場している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン