ロバート・クビサ、DTMで待望の初表彰台 / アルファロメオF1
アルファロメオF1の開発ドライバーを務めるロバート・クビサは、10月18日(日)にベルギーのゾルダーで開催されたDTM(ドイツツーリングカー選手権)第8戦のレース2で待望の表彰台を獲得した。

2019年シーズン限りでウィリアムズF1チームを去ったロバート・クビサは、2020年はDTMに転向。プライべートチームのART BMWとの新しい環境では厳しいスタートとなり、第7戦アッセンでようやく10位でフィニッシュして初ポイントを獲得していた。

改善を垣間見せたものの、それ以上のポイントを獲得することはできていなかったロバート・クビサだが、ゾルダーでの混乱のレースを生かして3位でフィニッシュ。DTMでの初表彰台を獲得した。

「とてもうれしい。それについては間違いない。このような結果はまったく予想していなかったけど、チャンスがあるときはそれを掴み取らなければならない。今日はそれができた。僕たちの戦略は完璧でだった。ピットストップですべてが完璧に機能したわけではないけど、誰もそれには気づいていなかった。ある時点でロリーポップが上がらなかった」

「とにかくマシンを走らせた。そうでなければ、僕はまだそこに止まっていただろう。ニコ・ミュラーが目の前にいて、その段階では僕の方が少し速かったけど、最終的にはタイヤを管理して3位を獲得することの方が重要だった。これは僕たちにとって、チーム全体にとって大きな瞬間だ。僕はDTMルーキーだ。チームも新しいし、これまでのシーズンは困難だった。本当にうれしい」

ロバート・クビサ DTM

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロバート・クビサ / DTM(ドイツツーリングカー選手権) / アルファロメオ・レーシング