ロバート・クビサ、F1ハンガリーGPでもフリー走行1回目に出走 / アルファロメオF1
ロバート・クビサは、2020年のF1世界選手権 第3戦 F1ハンガリーGPのフリー走行1回目に再びアルファロメオ C39を走らせる。

昨年末でウィリアムズF1を離れたロバート・クビサは、今年アルファロメオF1の公式リザーブドライバーに就任。プレシーズンテストでC39を走らせていたクビサは、第2戦F1シュタイアーマルクGPのフリー走行1回目に再び活動を開始した。

ロバート・クビサは、今週末のF1ハンガリーGPのフリー走行1回目でも再びマシンを走らせる。

「C39を迅速かつ効果的に開発することは、ミッドフィールドバトルの重要な側面の1つになるだろう」とアルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは語った。

「そして、ロバートはその点でチームが有している最大の資産の1つだ。彼は先週オーストリアで本当に素晴らしい仕事をしてくれた。そして、彼を再びマシンに乗せることをうれしく思う」

「彼がエンジニアに提供したデータはすでに貴重であることが証明されているが、まだやらなければならない作業がたくさんあり、情報を得ることができる3人の素晴らしいドライバーがいることは明らかな利点だ」

ロマート・クビサは、F1ハンガリーGPではキミ・ライコネンに代わってフリー走行1回目に出走する。

アントニオ・ジョビナッツィに代わって参加したF1シュタイアーマルクGPでは、31周を走行して18番手で終えている。


ロバート・クビサは「このようなマシンを運転できることはいつだって信じられないほどの気持ちだし、金曜日が待ち切れない」とコメント。

「感情はさておき、僕たちは特にこの圧縮された2020シーズンにおいてマシンの開発がいかに重要であるかを忘れることはできない」

「チームはデータとフィードバックを必要としており、多くの価値ある情報を提供することが僕がここにいる理由だ」

「前回は生産的な週末を過ごせた。僕の目標は、ここハンガリーでチームが新たな一歩を踏み出すのを助けることだ」

関連:2020年 F1ハンガリーGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロバート・クビサ / F1ハンガリーGP / アルファロメオ・レーシング