F1 ロバート・クビサ ベルギーGP
ウィリアムズのロバート・クビサは、F1ベルギーGPにむけてパルクフェルメ下でパーツ交換とセットアップ変更を行ったため、決勝をピットレーンからスタートする。

ロバート・クビサは予選Q1でエンジンブロー。白煙を上げてコース上にストップして赤旗の原因となった。この故障によりタイムを記録できなかったが、決勝への出場は認められている。

ウィリアムズは、決勝にむけてギアボックス、ターボチャージャー、MGU-H、そして、リアウイングを交換。パルクフェルメ下でのセットアップ変更となるため、スポーティングレギュレーションの第34.6項目に則ってピットレーンからスタートすることになった。

FIAのF1テキニカルデリゲートのジョー・バウアーは「上記のパーツは元々仕様されていたパーツとは異なり、サスペンションのセットアップに変更が加えられているために、2019年のF1スポーティングレギュレーションの第34.6項に従って88号車はピットレーンからスタートする必要がある」と説明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロバート・クビサ / ウィリアムズ / F1ベルギーGP