F1 ロバート・クビサ ウィリアムズ
ロバート・クビサは、F1アブダビGPのフリー走行1回目からウィリアムズとの201年に向けた準備を開始していくと語る。

ウィリアムズは11月22日(木)、2019年のジョージ・ラッセルのチームメイトとしてロバート・クビサを起用することを正式に発表した。

今週末のF1アブダビGPでは、スペインとオーストリアに続いて、ロバート・クビサが3回目となるフリー走行を担当することになる。

「明日FP1で走るけど、すでに計画されていたことだし、シーズン序盤から合意されていたことだ」とロバート・クビサはコメント。

「来年にウィリアムズとレースをするという決定とは関係ないけど、異なるアプローチになると考えているし、そう期待している」

「ホテルでは多くのプレッシャーや野心を考えると思うけど、来年に向けて仕事を開始する準備はできている」

「すでに明日何をするかについては少し会話しているし、来年は学ぶことがもっと重要になる。最速タイムは期待していないけど、それでも良いことだ」

ロバート・クビサは、F1でテストが最低限に抑えられているので、プラクティスがチームの発展を理解する最大限のチャンスになるだろうと語る。

「F1は変化したし、テストはとても限られているので、僕たちは公式FP1セッションをそのために使わなければならない。チームの手助けをすることを楽しみにしている。いくつかのアイテムを理解する最後のチャンスだ」

ウィリアムズは、アブダビテストにジョージ・ラッセルとロバート・クビサを起用することをすでに発表している。2日間のテストで初日は午前中にジョージ・ラッセル、午後にロバート・クビサが走行。2日目は逆にロバート・クビサが午前中に走行する。

「来週、僕たちは来年に向けて2019年のピレリタイヤをテストするし、最近ではタイヤが非常に重要になっているので、とても重要なトピックになるだろう。チームとジョージと協力して、その2日間を出来る限り生かしていきたい」

関連:ウィリアムズ、ロバート・クビサを2019年のF1ドライバーに起用!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロバート・クビサ / ウィリアムズ