ケータハム、資金集めを拒んだヘイキ・コバライネンを批判

2013年1月13日
ヘイキ・コバライネン
ケータハムグループのテクニカルオフィサーを務めるマイク・ガスコインは、ヘイキ・コバライネンは2013年のF1シートを獲得するためにスポンサーを探すべきだったと述べた。

ケータハムで3年を過ごし、高い評価を得てきたヘイキ・コバライネンは、フェラーリやロータスのシート獲得も噂されたが、2013年はF1で走れない可能性が高い。

ヘイキ・コバライネン 「トップチームは僕の走りを見落とした」

2013年1月12日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンは、ケータハムで後方で戦うことによって、F1のトップチームに自分のパフォーマンスを見落とされたと感じている。

ケータハムは、ヴィタリー・ペトロフかギド・ヴァン・デル・ガルデのどちらかを起用するとみられており、ヘイキ・コバライネンは2013年のF1シートを失うとみられている。

ヘイキ・コバライネン、ロマン・グロージャンの後任候補に浮上

2012年11月29日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンは、ロータスのロマン・グロージャンの後任候補に挙がっていると MTV3 が報じている。

報じられところでは、ケータハムはペイドライバーのギド・ヴァン・デル・ガルデとの契約を検討しており、ヘイキ・コバライネンは市場に出ているとされている。

Auto Motor und Sport は、ロータスがロマン・グロージャンの放出を真剣に検討していると報道。

ヘイキ・コバライネン 「資金集めをするくらいならF1引退」

2012年11月23日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンは、2013年にF1に残る可能性が低くなっていることを認めた。

3年間ケータハムで戦ってきたヘイキ・コバライネンは、2013年もチームに残留したことを認めている。

だが、現在ケータハムはコンストラクターズ選手権でマルシャに次ぐ11位。約10億円ともされる分配金を手にできないことになり、ケータハムは、ドライバー決定を先延ばしにしている。

ヘイキ・コバライネン:F1ブラジルGP プレビュー

2012年11月22日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンが、2012年の最終戦F1ブラジルGPへの意気込みを語った。

ヘイキ・コバライネン (ケータハム)
「インテルラゴスは、何が起こるかわからないトラックだし、シーズンを終えるには最適な場所だ。毎日雨が降るかもしれないし、正しい戦略を選ぶことがパフォーマンスの鍵になる。ピットストップのタイミング、予選やレースで起こるアドバンテージを得ることなどね。トラック自体もかなりトリッキーだ。かなり狭い場所があるので、正しいラインを走る必要があるし、とてもミスをやすい」

ヘイキ・コバライネン:F1アメリカGP プレビュー

2012年11月14日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンが、F1アメリカGPへの意気込みを語った。

ヘイキ・コバライネン (ケータハム)
「サーキット・オブ・ジ・アメリカズは、素晴らしいサーキットのように思う。準備のために数日シミュレーターで過ごしているので、どのような流れかはわかっているし、インドでも同じアプローチをとってきた。本当に速いコーナーや他のクルマを追い抜けそうなヘビーブレーキングゾーンのある上りと下りのセクションがある」

ヘイキ・コバライネン 「ケータハムに資金を持ち込むつもりはない」

2012年11月6日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンは、ケータハムから2013年のために要求されても資金をもたらすつもりはないと主張した。

ヘイキ・コバライネンは、チームが設立された2010年から同チームでレースをしているが、ここまでポイントを獲得できていない。

「ちょっと難しいだろうとはわかっていた。チームとポイントを獲得することが簡単ではないこともね」とヘイキ・コバライネンは F1Arab にコメント。

ヘイキ・コバライネン:F1インドGP プレビュー

2012年10月24日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンが、F1インドGPへの意気込みを語った。

ヘイキ・コバライネン (ケータハム)
「インドでのレースは2回目になるけど、あそこに戻ることに興奮している。去年、彼らがサーキットで成し遂げた仕事に僕たち全員が感動したと思う。レイアウトは本当にいい。高低差の変化と異なるタイプのコーナーがミックスされていて面白い。多くの新しいサーキットでは見られないことだ。僕たち全員が楽しめるサーキットだと思う」

ヘイキ・コバライネン:F1韓国GP プレビュー

2012年10月7日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンが、F1韓国GPへの意気込み、韓国インターナショナルサーキットの特徴を語った。

ヘイキ・コバライネン (ケータハム)
「スタート/フィニッシュ・ストレートはかなり短いし、ターン1には2速ギアで入る。とてもタイトだし、できるだけ高いスピードで最初のロングストレートに行くためには、コーナーを抜けてターン2にむけて本気でプッシュするためにKERSを使ってうまく立ち上がることが必要だ」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム