ヘイキ・コバライネン:F1イギリスGP プレビュー

2012年6月29日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンが、F1イギリスGPへの意気込みを語った。

ヘイキ・コバライネン (ケータハム)
「シルバーストンは素晴らしいトラックだ。僕たちの2つのホームレースのひとつだし、きちんとしたドライバーズトラックでもあるからね。長年にわたって変更はあったけど、それでもF1で最も重要だ。高速コーナーはクルマのパフォーマンスを本当にプッシュする」

ヘイキ・コバライネン、フェラーリのドライバー候補に浮上?

2012年6月23日
ヘイキ・コバライネン
バレンシアでは、金曜日にセルジオ・ペレスとマネージャーがフェラーリのモーターホームに入っていったことで、カメラマンを喜ばせた。

フェラーリ育成ドライバーの期待の星であるセルジオ・ペレスが、2013年のフェリペ・マッサのレースシート候補であることは疑う余地はない。

AS の質問に対して、フェラーリのスポークスマンを務めるルカ・コラジャンニは「彼はサインした...彼はサインしにきたよ」とジョークでかわした。

ヘイキ・コバライネン:F1ヨーロッパGP プレビュー

2012年6月20日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンが、F1ヨーロッパGPへの意気込みを語った。

ヘイキ・コバライネン (ケータハム)
「次はバレンシアでのヨーロッパGPだ。シーズンのなかでお気に入りのトラックではないけど、訪れるには素晴らしい都市だし、週末全体で街がF1を最大限に活用している会場なので、イベント全体の雰囲気は素晴らしい」

ヘイキ・コバライネン:F1カナダGP プレビュー

2012年6月1日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンが、F1カナダGPへの意気込みを語った。

ヘイキ・コバライネン (ケータハム)
「モントリオールは、とてもクールなトラックだ。ロングストーレートがいくつかある仮設のストリートサーキットだし、ローダウンフォースにセッティングするので高速コーナーやブレーキングエリアでマシンはかなりトリッキーになるけど、レースをするには素晴らしいトラックだ」

ヘイキ・コバライネン:F1モナコGP プレビュー

2012年5月18日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンが、F1モナコGPへの意気込みを語った。

ヘイキ・コバライネン (ケータハム)
「モナコはF1の全員が勝ちたいレースだ。有名なF1レースというだけでなく、世界最大の年中行事のひとつだ。ドライバーにとってはマシン内外でかなりハードコアなレースだけど、本当に楽しいチャレンジだしあ、ストリートでのレースは、F1ドライバーにとってのハイライトのひとつだ」

ヘイキ・コバライネン:F1スペインGP プレビュー

2012年5月5日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンが、F1スペインGPへの意気込みを語った。

ヘイキ・コバライネン (ケータハム)
「バルセロナは良いサーキットだ。一番のチャレンジは、全てを完璧に決めることだ。0.05秒のミスでグリッドポジションを失ってしまし、成功のベストなチャンスを得るために詳細まで集中しなければならないレース週末だ」

ヘイキ・コバライネン:F1バーレーン GPプレビュー

2012年4月17日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンが、F1バーレーンGPへの意気込みを語った。

ヘイキ・コバライネン (ケータハム)
「バーレーンは典型的な現代サーキットのひとつだ。あまりチャレンジングがコーナーはないし、ラップの大部分でハードにプッシュできる。特にマシンで縁石を越えるのはかなり簡単だ。路面にラバーが乗ればグリップレベルは劇的に改善するので、週末を通してラップタイムが素早く上がっていくことになるだろう。なので、予選のセッションを最大限に生かせさなければならない」

ヘイキ・コバライネン:F1中国GP プレビュー

2012年4月5日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンが、F1中国GPへの意気込みを語った。

ヘイキ・コバライネン (ケータハム)
「次も連戦だし、今回は中国とバーレーンだ。バーレーンは来週見てみるつもりなので、今のところ焦点は中国にある。マレーシアを離れてからはアブダビにいた。ガールグレンドのキャサリンの両親と一緒に滞在したので、トレーニング療法を維持することができたし、ヨーロッパに戻ったときに効き始める可能性がある完全な時差ぼけを避けることができた」

ヘイキ・コバライネン:F1マレーシアGP プレビュー

2012年3月20日
ヘイキ・コバライネン (ケータハム)
ヘイキ・コバライネンが、F1マレーシアGPへの意気込みを語った。

ヘイキ・コバライネン (ケータハム)
「マレーシアに戻るのを楽しみにしていたし、オーストラリアのレース後にすぐにトラックに戻れるのは嬉しいね。セーフティカー中ンにベッテルを追い抜いたことで与えられたペナルティは受け入れている。確かに少し厳しいとは思うけど、規約で定められていることだし、小さなミスによってセパンで5グリッド降格になってしまうのはちょっと不運だった」
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム