F1韓国GP
F1の最高権威者バーニー・エクレストンは、今年のF1韓国GPが開催が疑わしいことを認めた。

F1韓国GPについては数カ月にわたって開催が懸念されていたが、その都度レース主催者側はレースに間に合わせることができると主張していた。

F1韓国GPは10月24日に予定されており、FIAによる検査が9月21日に行われるはずだったが、検査は延期となった。

今週末のF1シンガポールGPには、FIA検査の新しいスケジュールを話し合うために韓国GPの関係者が訪れていた。

さらにこれまで開催を主張していたバーニー・エクレストンまでが、レース開催を懸念していると認めた。

「開催されるまで懸念があるのは確かだ」とバーニー・エクレストンは AP通信 にコメント。

「運に恵まれ、それが起こるのを願わなければならない」

またBBCの取材に対しては「良くはない。6週間前に調査されるべきだった。調査はされたが合格しなかった。通常はレースの90日前にチェックする。現在、我々はそれを延期している」

「実際に何をしたかはかなり危険だが、“レースをキャンセルするかしないか”という場合ではない。彼らはすべて問題なさそうだと言っているので、彼らが正しいことを願っている」

FIAによる点検はF1日本GP後の10月11日に行われるとされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1韓国GP | バーニー・エクレストン