ケビン・マグヌッセン、F1ブラジルGPのクラッシュ後にFIAから放置される
ケビン・マグヌッセンは、F1ブラジルGPでクラッシュした後、FIA(国際自動車連盟)から忘れ去られていた。通常、リタイアしたドライバーはメディカルカーで迎えに来るが、この場合はそうではなかった。

F1ブラジルGPは、ケビン・マグヌッセンにとって前途有望な週末の残念な結末だった。金曜日の予選では驚くべきポールポジションを獲得したが、土曜日のスプリントレースでは8位に後退した。

決勝では、ケビン・マグヌッセンは、オープニングラップでマクラーレンのダニエル・リカルドにぶつけられ、両方のドライバーがリタイア。最後の打撃が実際のレース中に発生した。

通常、ドライバーがリタイアすると、メディカルカーがドライバーを迎えに行く。しかし、F1 ジャーナリストのアダム・クーパーがTwitter で報告しているように、F1ブラジルGPでは、車はダニエル・リカルドからピックアップしなかった。その後、車はケビン・マグヌッセンをピックアップするために送り返されることはなく、マグヌッセンは一人で残り、トラックで車を待たなければならなかった。

結局、ケビン・マグヌッセンはあきらめてトラックを徒歩で離れた。しかし、どうやらクラッシュはサーキットの厄介な場所で発生したようで、コースから出る便利な方法もなかった。

アダム・クーパーによれば、ケビン・マグヌッセンを通すにはゲートに穴をあける必要があったという。トラックから彼を迎えに行く準備ができている他の車両もなかったため、ケビン・マグヌッセンはコース脇に立っている多くのファンを通り過ぎて、徒歩でハースF1チームのピットボックスに戻らなければならなかった。

FIAがドライバーを放置したのはこれが初めてではない。今シーズンの初めにルイス・ハミルトンとセルジオ・ペレスもFIAが迎えにこなかったことで、チームに戻る方法を見つけなければならかった。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / F1ブラジルGP / ハース