ケビン・マグヌッセンの2022年03月のF1情報を一覧表示します。

『俺のXXをしゃぶれ』から5年…ヒュルケンベルグとマグヌッセンが和解

2022年3月30日
F1:『俺のXXをしゃぶれ』から5年…ヒュルケンベルグとマグヌッセンが和解
ニコ・ヒュルケンベルグとケビン・マグヌッセンは、2017年F1ハンガリーGPでの悪名高い『俺のXXをしゃぶれ(suck my balls)』の対立から5年の時を経て、わだかまりを解いた。

2017年のブダペストのレースで二人はポジションを争っており、ケビン・マグヌッセン(ハース)がニコ・ヒュルケンベルグ(当時ルノー)をコース外に追い出した。その後、マグヌッセンにはペナルティが科された。

ケビン・マグヌッセン 「F1サウジアラビアGPは身体が限界だった」

2022年3月29日
ケビン・マグヌッセン 「F1サウジアラビアGPは身体が限界だった」
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、F1サウジラビアGPで体力の限界に達していた。

2022年シーズン終了後にハースF1チームのレースシートを失ったケビン・マグヌッセンは、ニキータ・マゼピンの後任として開幕の約1週間前に電撃復帰。サウジアラビアは復帰2戦目だった。

ケビン・マグヌッセン 「16周目のセーフティカーは最悪の事態だった」

2022年3月28日
ケビン・マグヌッセン 「16周目のセーフティカーは最悪の事態だった」 / ハースF1チーム F1サウジアラビアGP決勝
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、2022年F1第2戦サウジアラビアグランプリの決勝を9位でフィニッシュした。

ハードタイヤでスタートすることを選択したケビン・マグヌッセンによって、早期のセーフティカーはそのアドバンテージを失う最悪の事態だった。

ケビン・マグヌッセン 「正直に言うとQ3で首が完全にやられていた」

2022年3月27日
ケビン・マグヌッセン 「正直に言うとQ3で首が完全にやられていた」 / ハースF1チーム F1サウジアラビアGP 予選
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、2022年F1第2戦サウジアラビアグランプリの予選で10番手だった。

初日に油圧系のトラブルに見舞われて15周しか走行できていなかったケビン・マグヌッセンだが、土曜日のFP3では7番手タイムをマーク。予選でもQ3進出を果たしたが、復帰2年目となるセッションで首に異常が出ていたことを明かした。

ケビン・マグヌッセン、油圧問題で走行不足も「車はそれほど悪くない」

2022年3月26日
ケビン・マグヌッセン、油圧問題が走行不足も「車はそれほど悪くない」 / ハースF1チーム F1サウジアラビアGP 1日目
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、2022年F1第2戦サウジアラビアグランプリ初日のフリー走行でわずか15周しか走行することができず、最下位でセッションを終えた。

先週のバーレーングランプリでは5位入賞を果たして“クレイジーなジェットコースター”と称する衝撃的なF1復帰を果たしたケビン・マグヌッセンだったが、一転してサウジアラビアでは厳しい時間を過ごしている。

ケビン・マグヌッセン 「2014年の教訓から期待は抑えている」

2022年3月25日
ケビン・マグヌッセン 「2014年の教訓から期待は抑えている」 / ハースF1チーム
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリでの強力なパフォーマンスを発揮したが、2014年のルーキーシーズンの教訓を生かして期待を抑えていると語る。

バーレーングランプリでのハースF1チームの躍進とケビン・マグヌッセンの衝撃的なF1復帰は、予選7番手、決勝5位入賞、過去4年間のベストリザルトをもたらした。

ケビン・マグヌッセン 「ハースF1チームの車に重大な弱点は見当たらない」

2022年3月24日
ケビン・マグヌッセン 「ハースF1チームの車に重大な弱点は見当たらない」
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリを終え、ハースVF-22に重大な弱点の兆候は見られていないと語る。

レース週末の前週の水曜日にハースF1チームへの復帰は発表されたケビン・マグヌッセンだが、予選を7番手で通過し、決勝ではチームにとって2018年以来のべ素リザルトとなる5位入賞を果たしてカムバック週末は最高潮に達した。

ケビン・マグヌッセン 「ハースF1チームは素晴らしい車を作り上げた」

2022年3月23日
ケビン・マグヌッセン 「ハースF1チームは素晴らしい車を作り上げた」
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームとのF1復帰戦となったバーレーングランプリで5位を果たし、与えられたチャンスを信じられないと語る。

ハースF1チームのニキータマゼピンの後任として発表されてからわずか11日後、ケビン・マグヌッセンは2022年F1開幕戦バーレーングランプリで、フェラーリとメルセデスのドライバーの後ろの“ベスト・オブ・ザ・レスト”となる5位でレースをフィニッシュした。

ケビン・マグヌッセン、ベスト・オブ・ザ・レストの5位「熱狂は続いている」

2022年3月21日
ケビン・マグヌッセン、ベスト・オブ・ザ・レストの5位「熱狂は続いている」 / ハースF1チーム F1バーレーンGP決勝
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、2022年開幕戦F1バーレーングランプリの決勝で5位入賞を果たした。

先週の水曜日にニキータ・マゼピンの後任として発表されたばかりのケビン・マグヌッセンは、土曜日の予選で7番グリッドを獲得。決勝でも競争力のある走りを見せて上位争いを展開。終盤のレッドブルの2位のリタイアにも助けられ、フェラーリの2台とメルセデスの2台に次ぐ、ベスト・オブ・ザ・レストの5位入賞を果たした。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム