小林可夢偉
小林可夢偉は27日(月)、フィオラノのトラックで初めてフェラーリのF1カーでの走行を行った。

今年、小林可夢偉はスクーデリア・フェラーリと契約し、アジア史上初のフェラーリ・ワークスドライバーとしてAFコルセからWEC世界耐久選手権に参戦している。

小林可夢偉は、7月21日にロシアの首都モスクワで開催されるフェラーリのイベント“Moscow City Racing event”でF1デモ走行を予定しており、今回の走行はそのテストとして行われた。

フェラーリの2010年マシン“F10”を走らせた小林可夢偉は「最初の感覚は、物凄く幸せでしたね」とコメント。

「僕はこのクルマとレースをしていましたし、どれくらい速いかはわかっています。それを経験できることは非常に重要なことでした」

「最後にF1カーを運転したのは去年のブラジルでのレースでしたし、今僕はWEC(世界耐久選手権)で458GTでレースをしているので、印象は完全に違います」

「でも、再適応するのは難しくはありませんでした。過去にいろんな種類のクルマを運転していますし、変化には慣れていますからね」

「モスクワのイベントで再びF1カーを走らせられるのは非常に嬉しいですし、僕にとってはダブルデビューです。イベントで初めてフェラーリのF1カーを走らせますし、その都市を訪れるのも初めてです」

今回のイベントのために、シューベルト製のヘルメットにF1チームと同じスポンサーロゴが入った新デザインのヘルメットも用意された。

小林可夢偉 フェラーリ F10 小林可夢偉 フェラーリ 小林可夢偉 フェラーリ 小林可夢偉 フェラーリF1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 小林可夢偉 / フェラーリ