小林可夢偉
小林可夢偉が、自身初となるF1表彰台を獲得したF1日本GPの週末を振り返った。

「ようやく表彰台に乗ることができました。しかも僕にとってF1最初の表彰台の舞台が日本GP・鈴鹿サーキットになるなんて、本当に夢のようです。正直なところまだ実感が沸いていないのですが、応援してくださった皆さま本当にありがとうございます」と小林可夢偉はコメント。

だが、金曜日の時点では気分が悪くなるくらいクルマのペースがなかったと小林可夢偉は振り返る。

「実は金曜日の時点では、まったくペースがなくて、うまくいってもQ3に入れるかどうかぐらいの感じで正直これはヤバイと思っていたんです。レースに向けたロングランについては、なんとかなりそうな手応えはありましたけど、とにかくこの状況から絶対挽回しないといけないと頭の中で色んなことを考えすぎて、じつは夜ご飯をあまり食べる気分にもならなくて、ミーティングの合間にすこしサラダを食べるぐらいでした」

土曜日を迎えてもクルマの状況は改善されなかったと小林可夢偉は語る。だが、キミ・ライコネンのスピンによるイエローフラッグも味方したカタチで、結果的に鈴鹿での日本人最高グリッドとなる3番グリッドを獲得する。

「ただ、そのおかげかはわからないですけど、土曜日の体重が1キロ以上減っていたんです 笑。ただ、クルマの状況はあまりよくなくて、土曜日のフリー走行では走りはじめからアンダーステアなんていうもんじゃないぐらいのアンダーステアで、まったくクルマが曲がってくれなくて、それでデグナーでコースオフしたんです。ただ、その後問題点も分かって、なんとか予選に挑みました。とにかくひとつでも前のグリッドを獲りたいと思っていたんですが、3番グリッドは期待していた以上の結果でした。チームが素晴らしい仕事で挽回してくれました」

迎えた決勝レース。これまでスタートで不運が続いていた小林可夢偉だが、抜群のスタートを決めて2番手に浮上。ピットストップのタイミングでフェリペ・マッサ(フェラーリ)に先行を許すも、そこからはジェンソン・バトン(マクラーレン)と表彰台をかけた一騎打ちとなる。

「決勝レースは、3度目の正直でスタートが決まって2番手に上がったものの、とにかく最初の周からチェッカーまで、一瞬も気を弛めることができない展開でした。1回目のストップはジェンソン(バトン)のピットストップにリアクションしたんですが、そこでジェンソンの前に戻れたものの、トロ・ロッソに詰まっている間に、僕よりも長い第1スティントを走ったフェリッペ(マッサ)に逆転されてしまいました。今回トロ・ロッソは直線がめちゃくちゃ速くてDRSを使っても抜けなかったです。ただ、とにかく早く抜かないといけない状況でヘアピンで勝負しました」

「とにかくこのレースは後ろから来ているジェンソンとの真っ向勝負で、第2スティントのハードタイヤのタレ具合から第3スティントのハードタイヤは序盤は少しタイヤを労っていました。終盤はほんとうに厳しい展開で、最終ラップに入ったときに、ようやくこのままいけるかもという思いが頭を過ぎりました。その時スタンドのお客さんたちが立ち上がって声援を贈ってくれているのが見えましたよ。3位でチェッカーを受けたときは本当に最高の気分でした」

「表彰台のシャンパンは、シャンパンファイトをして炭酸がいい具合に抜けたのかとても美味しかったし、なによりも表彰台からの眺めも最高でした。これからまだ5戦あります。ふたたび表彰台を獲得出来るように頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いいたします」

小林可夢偉 初表彰台

関連:
ザウバー:小林可夢偉が3位表彰台! (F1日本GP)
小林可夢偉 レース後会見 「本当に言葉に表せないです」 (F1日本GP)
小林可夢偉 初表彰台 「みなさん、ありがとうございました!!」
F1日本GP 結果:優勝はベッテル、小林可夢偉がF1初表彰台3位!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 小林可夢偉 | F1日本GP | ザウバー