不満続出 F1イタリアGPがセーフティカー先導で終了した理由をFIAが説明
FIA(国際自動車連盟)は、セーフティカー先導のままレースが再開されず、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が勝利を確保して終了したF1イタリアGPの“アンチクライマックス”フィニッシュとなった理由を説明した。

マックス・フェルスタッペンは、ポールシッターであるシャルル・ルクレール(フェラーリ)が2回目のピットストップを行ってソフトタイヤに交換した後、レースをリードしていた。

シャルル・ルクレールは、ミディアムタイヤで1ストップ戦略を実行していたマックス・フェルスタッペンにゆっくりと近づいていたが、ダニエル・リカルドが2つのレズモコーナーの間でギアが動かなくなって車を止めた。だが、車は柵の外に動かくことができず、道路脇からクレーンで持ち上げる必要があった。

リーダーたちはリスタートを見越して新しいタイヤに交換するためにピットインしが、レースは最後までセーフティカーコンディションにとどまり、2位のシャルル・ルクレールとマックス・フェルスタッペンのチームボスであるクリスチャンホーナーの両方からフラストレーションを引き起こした。

「レースが再開されれば良かった。セーフティカー先導で優勝を決めたくなかった」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「レースを再開できる時間は十分に残っていたはずだが、セーフティカーがジョージ・ラッセルの前に出てしまったことで進行に遅れが生じてしまった」

FIAは、レースがセーフティカー中に終了した理由を説明するために応答し、インシデントの深刻度は赤旗を正当化するほど大きくはなかったと述べた。

FIAのスポークスパーソンは「3号車を迅速に回収してレースを再開するためにあらゆる努力が払われたが、状況が悪化し、マーシャルは車をニュートラルにしてエスケープロードに押し込むことができなかった」と語った。

「復旧作業の安全性が我々の唯一の優先事項であり、インシデントは赤旗を必要とするほど重大ではなかったため、FIAとすべての競技者の間で合意された手順に従って、レースはセーフティカーの下で終了した」

「レース中のセーフティカー期間のタイミングは、この手順には関係ない」

何が起こったのか説明を求められたダニエル・リカルドは、マシンがシャットダウンしそうな警告はなかったと述べ、「僕にできることは何もなかった」と説明した。

「スイッチが切れた」とダニエル・リカルドは勝った。

「何の警告サインも感じなかった。レズモ1にいたけど、その後は何も感じなかった。そのあとオフになったので、ギアが入ったままだった」

「だから、レースラインから外れた安全なエリアにできるだけ早く車を寄せようとしたけど、車を止められる場所がどこにも見えなかったので、芝生の上に止めなければならなかった。それで終わりだった」

「できるだけ早くクルマから降りて、できることをやろうとしたけど、最後にセーフティカーの下でレースが終わったと聞いた。レースは残念だけど、僕にはどうすることもできなかった」

シャルル・ルクレールは、セーフティカーの中断が彼のレース結果を不当に変えたわけではないと認めた。

「レースで終えられればよかったけど、残念ながら、以前に起こったことのせいで、その場所で2位だった」とシャルル・ルクレールは語った。

2022年のF1世界選手権 イタリアグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1イタリアGP / FIA