FIA安全部門、F1イタリアGPのフェルスタッペン/ハミルトンの事故を調査
F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、FIA(国際自動車連盟)の安全専門家が、ルイス・ハミルトンにとって恐ろしい事故になった可能性のあるF1イタリアGPのインシデントを調査することを明らかにした。

ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンは、3位を争っている途中にクラッシュ。フェルスタッペンのマシンが、ハミルトンのマシンに乗り上げてグラベルでストップした。

幸運にも、ルイス・ハミルトンは深刻な怪我をすることはなく、ヘイローとロールバーが衝撃を受け止めた。

マイケル・マシは、FIAの安全部門が、クラッシュ、マックス・フェルスタッペンのマシンが縁石を越えた際に跳ねた理由、そして、今後何ができるかを調査すると述べた。

「インシデントは異なるものであり、必ずしも高いG衝撃度などはなかったが、珍しいものであり、我々は調査している」とマイケル・マシは Sky F1 に語った。

「我々の安全部門はそれらを詳細に調べ、調査し、我々が何かを学び、将来のために何を改善できるかを確認する」

「これは、現在、多くの安全機能を備えている我々が、将来に向けて進化し続けるための方法だ」

「我々はすでにすべてのデータを収集しているので、すべての情報があり、写真やその他の情報と一緒に安全部門に送られる」

マックス・フェルスタッペンのマシンが自分の上に乗っているにもかかわらず、ルイス・ハミルトンはグラベルから抜けてレースを再開しようとしたが、最終的には諦めた。

レースコントロールがメルセデスにその指示を出したかどうか質問されたマイケル・マシは「全くそのようなことはしていない。我々は彼らを止めようとはしなかった」

「すべてのチームがそうであるように、チームは非常に安全な方法でそれを行っていただろう」

「我々がCCTVで持っていた観点からは、ルイスは動いておらず、角度的に抜けることはできなかった。しかし、試したのは当然のことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1イタリアGP / ルイス・ハミルトン / FIA / マックス・フェルスタッペン