ニコ・ヒュルケンベルグ
ニコ・ヒュルケンベルグの2011年のウィリアムズ残留は不確定なままとなっている。

イタリアの Autospritは、ウィリアムズは、RBSとフィリップスを含めて、一度に4つのスポンサーを失うことになりそうだと報道。

一方で、ヒュルケンベルグのマネージャーを務めるウィリー・ウェバーは、ニコ・ヒュルケンベルグの昇給をフランク・ウィリアムズに要求していると噂されている。

そこで浮上してきたドライバーが今年GP2チャンピオンに輝いたパストール・マルドナド。

25歳のベネズエラ人ドライバーであるパストール・マルドナドには、ベネズエラの石油会社PDVSAとベネズエラのウゴ・チャベス大統領がついており、ザウバー加入が噂されていたが、ザウバーはテルメックスが支援するセルジオ・ペレスと契約した。

ウィリアムズの株式を共同保有するトト・ヴォルフは、2011年のドライバーラインナップが「早急に決定する」ことは期待していないと述べた。

「我々は(既存の)ドライバーラインナップにかなり満足している」とトト・ヴォルフは述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ヒュルケンベルグ | ウィリアムズ